覚えておきたい!新規顧客開拓リードジェネレーションとは

lead-generation

 

ビジネスでは、新規顧客の獲得は絶対に必要です。

既存顧客だけに依存しているビジネスは、いずれ衰退していきます。

新規顧客を開拓するために、営業マンは懸命に努力をしているはずです。

 

そこで、効率的に新規顧見込み客を集めるリードジェネレーションを行うことをおすすめします。

 

 

リードジェネレーション???

 

 

リードとは見込み客の意味です。

見込み客とは、将来自社の顧客になる可能性のある人のことですね。

 

 

インターネットマーケティングにおける、見込み客(リード)とは、こちらからコンタクトを取れる状態にある人のことを言います。
つまり、メールの送れるメールアドレスを知っている人のことですね。

 

 

メールアドレスを獲得しましょう

 

 

リードジェネレーションで言うところのメールアドレスを知っている=見込み顧客であれるならば、できるだけたくさんのメールドレスを獲得しなくてはいけません。

 

 

では、あなたのメールアドレスを教えてください。

 

 

 

抵抗ありますよね。

 

見込み顧客の情報の中では、例えば電話番号や住所などと比較すれば、メールアドレスはまだ抵抗感は少ないとはいえ、そう簡単には教えてくれるものではありません。

 

そこで、メールアドレスを教えてくれる代わりに、無料プレゼントをあげますよ。
という形を取ります。

ここで言う無料プレゼントのことをオファーと言います。

 

オファーに乗ってきた人(メールアドレスと引き換えにオファーを受け取った人)はあなたの会社や商品に多少なりとも興味がある人となります。

 

このようにしてやみくもに新規開拓を行うのではなく、こちらに興味を持ってくれる人を効果的に集めることができるのです。

 

 

 

見込み客を教育する

 

 

メールアドレスを獲得した見込み客は、現段階ではあなたに対しての信頼はありませせん。

そこに獲得したメールアドレスを使い、有益な情報を提供していきます。

 

多くの場合は、見込み顧客はその商品に対しての知識は薄いので、分かりやすく段階を経て知識を伝えるとともに、信頼も勝ち取っていきます。

 

顧客教育というとなんだか偉そうな感じがしますが、あなたの専門分野に関してはあなたの方が知識があるはずです。

その知識を伝えていくということです。

 

 

セールスをする

 

 

定期的なコンタクトを取り、見込み顧客の知識も上がりあなたへの信頼も持ってもらえたら、ようやくここでセールスをおこないます。

 

全くの知らない人からより、ここまで積み重ねたあなたから購入してもらえる可能性は非常に高くなるはずです。

 

 

まとめ

 

 

このような一連の流れをリードジェネレーションと言います。

 

ATTRACT(興味を引く)

BUILD(信頼関係の構築)

CONVERT(購入してもらう)

 

重要なのは、セールスをこの3段階に分けて考えるということです。

 

基本的な流れであり、マーケティングではよく使われる言葉ですので、理解しておきましょう。


またお越しください

コメント

コメントを残す

*