深層心理に訴える金額表示方法で売上が変わる

金額表示

 

ビジネスでは、サービスや商品をお金の価値に換算して利益を得ます。

 

あらゆる商品やサービスが、金額に換算されて表記されています。

街を歩くとお店がたくさんあり、その商品のほとんどのものに金額が表示され、私たちにアピールをしてきます。

 

金額の表示方法に注目したことがありますか?

 

日本全国、100円であれば100円です。

しかし、金額表示の仕方に若干の違いがあるのに気が付いていますか?

 

例えば、

  • ¥100
  • 100円
  • 100

 

などがあります。

全て同じ、100円であることはお客さんである私たちは伝わりますので、そこまで意識はしていないと思いますが、この表記によって、売上に差ができると言ったらいかがでしょう?

 

 

金額表示に関するレストランでの実験

 

レストランの同じメニューの金額表示を3パターンで、どれが一番売り上げが上がるかの実験をしました。

 

  1. 数字の前に¥マークを付ける金額表示パターン 例 ¥1000
  2. 数字の最後に円の字を書く金額表示パターン 例 1000円
  3. 数字のみの金額表示パターン 例 1000

 

さて、どの金額表示の仕方が一番売れたでしょうか?

答えは3の『数字のみの金額表示パターン 例 1000』でした。

 

 

プライミング効果

 

なぜ、3の『数字のみの金額表示パターン 例 1000』が一番売れたのでしょうか?

その理由を読み解くカギは、プライミング効果にありました。

 

プライミング効果とは、最初に受けた刺激が、直後の判断に影響を与えることをいいます。

ちょっとわかりずらいですね。

 

分かりやすい例で言うと、10回クイズです。

「ピザ、ピザ、ピザ、ピザ、ピザ、ピザ、・・・」
と10回言った後に、肘を指さして「ここは何?」と聞かれると、ピザにつられて「膝」と言ってしまうあれです。

 

これは、最初の刺激「ピザ、ピザ・・・」の刺激がどうしても頭に残り、「ここは何?」と肘を指さされると、「ピザ+体の一部」と判断してしまい、「膝」と言ってしまうのです。

10回クイズは、分かりやすく行われますが、通常のプライミング効果は当事者に気づかないうちに行われ、知らないうちに、その刺激に引っ張られた判断をしていることが多いのです。

 

 

数字のみの料金表示が一番売れた理由

 

そしてこのプライミング効果の引っ張る刺激の中で強力なのは、お金による刺激なのです。

 

ある実験では事前にお金にまつわる刺激、(例えば実際にお金を見る、お金についての文章を読む、お金の話を聞く・するなど)を受けた場合、その後の判断に利己的な傾向が見えるようになったのです。

つまりケチになったのです。

 

そこで、先ほどの問題です。

 

  1. 数字の前に¥マークを付ける金額表示パターン 例 ¥1000
  2. 数字の最後に円の字を書く金額表示パターン 例 1000円
  3. 数字のみの金額表示パターン 例 1000

 

 

1と2に、¥マークや円という字があります。

これはお金を表しており、お金の刺激になるのです。

それが原因でケチになるのです。

 

3に関しては、お金を表す文字やマークがありません。

 

結果、3が一番売れるという結果につながったのです。

 

 

金額表示一つにも気を使う

 

あなたの会社のメニュー表、パンフレット、その他金額表示はどうでしょうか?

¥マークや円の字が悪いわけではありません。

実際、『¥○○節約』などは、お金の刺激があることによって、ニーズを引き出すこともあるのです。

 

もしかしたらパンフレットにぶっきらぼうに『1000』とだけ書くのは良くないかもしれません。

 

しかしここで重要なのは、金額表示一つにも意識を向けていくようなきめ細やかさこそが、お客さんのニーズを掴んでいく経営につながっていくとであるということです。

 

あなたの会社の金額表示はいかがですか?

 

 

まとめ

金額を表示する方法もいくつかの種類があります。

  1. 数字の前に¥マークを付ける金額表示パターン 例 ¥1000
  2. 数字の最後に円の字を書く金額表示パターン 例 1000円
  3. 数字のみの金額表示パターン 例 1000

実験の結果、一番売れる金額表示パターンは3でした。

 

人はお金に関する刺激を受けるとケチになります。

1と2は¥マークや円の文字があることからお客さんにお金を意識させてしまっていると言えます。

 

経営者としては金額表示1つに関しても気にする姿勢を持って経営をしたいものです。


またお越しください

コメントを残す

*