ホームページから問い合わせのお客さんの質は悪い?

問い合わせ

 

あなたはホームページから月に何軒の『問い合わせ』を頂いていますか?

 

基本的にインターネットを使った集客は、こちらから出向いていって「買ってください」というものではありません。

お客さんから、あなたを探してもらい、自分にピッタリだと理解してもらった上でお客さんから「あなたにお願いします」と言って頂く形を作るのです。

結果として、苦手な根性努力の数営業でもなく、お願い営業でもなく、先生としてのあなたのステータスを保ったまま、クライアント獲得ができるわけです。

 

 

ホームページから問い合わせするお客さんは質が良くない?

 

問い合わせ

 

先日、ある若い行政書士さんとお話をしていました。

起業したばかりで、意欲的に経営をされていました。

 

集客についても同様で、起業してからの短期間でパンレットの作成、チラシ配布など大変頑張っており、私もマーケティングについてたくさんの質問をされました。

そこで私が『?』を持ったことを聞いてみました。

 

「Aさん(行政書士さん)は、ネットは使わないのですか?」

 

大変意欲的に集客の行動をされているものの、インターネットを使ったものに関してはなぜかポッカリと、そこだけ手を付けていなかったのです。

すると、Aさんはこう答えました。

 

「ホームページから問い合わせをしてくる人は、良くないお客さんが多いので積極的にはやるつもりはありません」

 

彼の言う『良くないお客さん』とは具体的には、料金だけ聞いて、その後音信不通になるお客さんだそうです。

あなたも心当たりはありますか?

 

 

ホームページでそんなお客さんからしか問い合わせが来ない理由

 

問い合わせ

 

実際にAさんの付近にいる仲間の方のホームページからの問い合わせは、そんなお客さんが多かったそうです。

 

しかし、私の周りにいる同じ行政書士さんは、ホームページで集客をしている人も多くいます。

 

彼らは、問い合わせで料金だけを聞いてくるお客さんを、激安価格で捕まえているのでしょうか?

・・・・・・毎回?

そんなわけはありません。

 

資金力のある超大手であればともかく、同じくらいの規模でそんなことばかりしていたら、経営は成り立ちません。

 

では、一体何が違うのでしょうか?

 

そこで実際にAさんの仲間のホームページを見させていただきました。(ホームページは持っていました)

 

なるほど、料金で比較するお客さんが来るであろうサイトでした。

だからホームページからの問い合わせで料金を確認して、他にもっと安いところがあればそちらに行ったのでしょう。

 

 

ホームページにはあなたの求めるお客さんがやってくる

 

問い合わせ

 

例えば以前、全身美容を売りにしたサロンのオーナーがいました。

彼女の悩みは、『男性客が増えない』というものでした。

 

しかしそのサロンのパンフレットはピンクが基調で、写真も女性が施術を受けているものが多く、パンフレット以外もホームページもお店自体もそんな感じです。

 

 

これは男性が来るには勇気がいります・・・。

 

 

つまり、全てが女性向けなのです。

 

女性向けだから、女性が来るのです。

男性に来てもらいたければ、男性に向けたアプローチが必要です。

 

 

顧客を設定しないと料金で比較をされる

 

問い合わせ

 

さて、最初のAさん。

仲間のホームページからの問い合わせは、料金で比較をする人ばかりです。

しかしそのホームページには決して『安さ』を売りにしたものではありません。

ではなぜ、そんなお客さんばかりなのでしょうか?

 

彼のホームページはいわゆる普通の物です。

  • 行政書士の仕事内容
  • 住所
  • 電話番号
  • その人のプロフィール
  • クライアントのために頑張ります!的な言葉

他の行政書士さんと同じような内容なのです。

・・・何がいけないのでしょうか?

 

 

他と同じであることです。

 

他と同じようであるということは、Aさんを選ぶ基準がありません。

 

同じ行政書士さんが並んでいたとしたら、お客さんは『安い』『近い』などの選択基準でしか選べません。

だからAさんはお客さんから「比較的近くて、なるべく安くやってくれるところ」の候補の1つとしての問い合わせしか来ないのです。

 

 

成功しているホームページはお客さんから見て他と違う

 

問い合わせ

 

ホームページからの集客に成功している先生業の方は必ず顧客を選定し、そのお客さん向けに運営をしています。

選定したお客さん向けにですから、お客さんは自分にピッタリのサービスを探して来る人である場合がほとんどです。

 

自分にピッタリなサービスが他になければ、料金で比較をされる確率はグッと下がるということになるのです。

 

結果としてホームページからの問い合わせの内容も料金以外のものになってくはずです。

 

 

まとめ

 

ホームページから問い合わせをするお客さんが料金で比較する人たちばかりなのではありません。

あなたのサイトが料金でしか比較できないサイトになっている可能性が高いです。

もし料金で比較するお客さんが多いようであれば、一度あなたのサイトをチェックしてみてください。


またお越しください

コメントを残す

*