売り上げを左右するランディングページとは?

Landing page

ランディングページとは縦長1ページで、資料請求、問合せ、購入を促す独立したページのことです。

 

あなたもインターネットなどで広告をクリックしたら、縦に長い広告のページを見たことがあるのではないでしょうか?
少し見てみると、最初に目につく画像や文字があり、縦に非常に長い説明文章が続き、終わったと思ったら【申し込みはこちら!】というような内容になっていることがほとんどです。

 

最初に目につく画像や文字

縦に非常に長い説明文章(比較対象やお客さんの声や、実際のデータなどが入る場合もあります)

申し込みはこちら!

この流れから分かるようにランディングページとは、その1ページのみで商品紹介から販売・問い合わせまでの目的を達成してしまうとてもパワフルなページなのです。

 

 

ランディングページとは何ですか?

 

見る人

 

多くの場合は、インターネット広告をクリックすると表示されることが多いです。

このことから、広告をクリックした人はその商品や内容に興味がある可能性が多くあり、その点で不特定多数の人に情報を発信するホームページとは異なります。

 

まず目に入るのは

 

見出しです。
それを見て、お客さんの興味・関心を引き出し、その先の文章を読んでもらうために、一見派手なことが特徴です。
そこに書かれている文字も、インパクトがあります。

 

長い説明

 

果てしなく見えるかのような長い説明文があります。

この場所を使い、商品や得られるメリットの説明をする必要があります。
十分な説明をするためには、2,3行で終わるはずもなく、しっかりと行います。

こちらの一方的な説明ばかりでなく、お客さんの頭に浮かぶであろう疑問や質問に対しても答えて解消していきます。
さらにその真実性を高めるために、利用者の声や科学的なデータなど、納得してもらうために説明が多くなるため、長文であることが多いのです。

 

 

明確なアクションの要求

 

一通りの説明が終わると、目立つようにボタンなどを使い、お客さんへのアクションの要求がされます。

【お申込み】

【購入する】

【資料請求】

などがあります。

 

ホームページはいろいろなところにクリックできるボタンがあり、できることも

申し込み
電話での問い合わせ
資料請求
購入

・・・・・と、いくつかのアクションが可能ですが、
ランディングページのアクション要求は1つです。

 

 

ランディングページとは、一つのアクション要求をするサイト

 

 

例えば【資料請求】であればその1ページ全ては資料請求のためのページであり、
お客さんは資料請求かそのページから去るかの2択を迫られるのです。

資料請求以外のボタンは設置しません。

 

ランディングページで怪しい商品を売っているサイトも多数ありますが、それだけセールスの流れを組んだ効果的なサイトであるということです。

インターネットマーケティングにおいてはしっかりと理解したい流れです。

またお越しください

コメントを残す

*