会社経営で、ずっとお金の不安が続くのはなぜ?

insecure

 

経営者の大きな悩みの一つに、お金があります。

 

あなたの会社の売上は毎月安定していますか?

または毎月伸びていますか?

または赤字が続いていますか?

 

または良いときもあれば、悪いときもありますか?

 

「今月の売り上げはどうだろうか?」

「今月はなんとかなったけど、来月は大丈夫か?」

 

多くの経営者の方とお話させて頂くと分かるのですが、外部から見てそれなりに売上が上がっている会社の社長さんでも、お金の不安を常に抱えているようです。

 

もちろん、「足りない!」というような切羽詰まった感覚ではないようですが、ずーっともやもや不安が続いているそうです。

 

これは経営者である限り、永遠に続くのでしょうか?

 

 

不安の原因

 

 

不安の原因は、やはりお金です。

 

しかし、売上は上がっています。

なぜ、不安なのでしょうか?

 

 

それは

 

 

先の見えない不安なのです。

 

「今は売上が上がっていても」

  • 来年は分からない。
  • この勢いがいつまで続くか分からない。
  • この事業体形でいつまで続けられるか分からない。

というような、先が見えないことによる不安であることが多いのです。

 

 

売上が良いときもあれば悪いときもある不安

 

多くの会社が
売上が良いときもあれば、悪いときもある
のではないでしょうか?

 

売上が良ければ喜び、悪いときには落ち込む。
そして何とか良くしようとがんばるの繰り返し。

 

つまり毎回、「良いかな?悪いかな?」とずーっと考えざるを得ないのです。

だから、ずーっと不安が止まらないのです。

 

「じゃあ、とにかく毎回売り上げが上がればいいんじゃないか?

そんなんこと、できるのであればやってるわ!」

 

いえいえ、売上が下がったとしても、そこまで不安を感じない経営者もいるのです。

 

 

計画を立てる

 

4ヶ月連続で売上が目標値を超えましたが、5ヶ月目で10%落ちました。

通常は「4ヶ月は調子よかったけど、5ヶ月目で落ちた。ヤバいな」

と考えるはずです。

 

しかし、それも含めて全て計画通りだったらどうでしょうか?

例えば5ヶ月目に、プロモーション活動に力を入れるで、売上は10%下がる予定だったとしたら、焦ることはないはずです。

 

つまり、売上が下がったから・上がらないから不安になるのではないのです。

 

売上が上がっていたとしても、先が見えなければ不安は消えないということです。

 

 

マーケティングで予定をコントロールする

 

売上を運任せにしないでください。

自らでコントロールするのです。

 

場当たり的な経営スタイルでは、売上は営業マン次第、お客さん次第。

今月ダメなら来月こそ・・・

そうではなく、マーケティングを使いコントロールしていきます。

 

今月の売上は○○○万円必要

客数、客単価、購入頻度から何人のお客さんに購入してもらうか割り出す。

○○人に購入してもらうには、反響率が○○%だから○○人に声をかける。

○○人に声をかける方法は、○○と○○と○○。

○○日までに完了。

 

ざっと大枠ですが、このように、計画が立てることができます。

 

 

これであれば、あえて売上を抑えることすらできるのです。

 

先の見えない不安を抱えていると、会社の新たな展開や柔軟性にも支障を来します。

 

計画を立て、それを実行できる組織作りをしていきましょう。


またお越しください

コメントを残す

*