ホームページ制作後に行う、大切な2つのこと

ホームページ制作後

 

ほとんどの経営者の方が、ホームページから売り上げにつなげたいと思っているにも関わらず、成果が出せていません。

 

「ホームページで売上が上がる」
という思いから、高い金額(金額なんてあってないようなものなので、本当に異常なくらい高いホームページというのが存在します)をかけてホームページを作ってもらったものの、ほぼ放置状態という方も多いのではないでしょうか?

 

そういう方にお話を伺うと、放置をしているというより、何をしたらよいかが分かっていないということが多くあります。

 

 

ホームページを売上につなげるにはたった2つの方法しかない

 

 

ホームページ、インターネットというと、何だか難しく感じているかもしてれませんが、ホームページが売上につながるためにはたった2つのポイントしかありません。

 

それは

  1. アクセス数を増やす
  2. アクセスしてくれた人に、その後の動作をしてもらう

 

この2つだけなのです。

 

 

アクセス数を増やす

 

 

「ほとんどのお客さんは、まずホームページを見ます。そこから取引きが始まります。なのでホームページがないということは大きな機会損失です」

 

こんなことを思った結果、ホームページを作った方も多いのではないでしょうか?

実際に、ホームページ制作会社の営業でもこのようなことを言って、お客さんのニードを掘り出します。

 

これは正しいです。

 

 

例えば、新しく飲食店を探す場合にも、ネットの情報と口コミなどの評価を見る方がほとんどです。

Amazonなど本も、口コミ評価を参考にする方が多いですし、映画や美容室なども同様です。

 

企業に関しても、同じ取引きを考えるのであれば、インターネット上で探しても情報がない会社より、ホームページが充実していてしっかりと自社情報や実績が明記されている会社の方が安心感が高まります。

 

これらのことは確かに事実ですが、全て『自社ホームページを見た』が前提であることにお気づきでしょうか?

 

どんなに信頼を勝ち取れるホームページを作ったとしても

どんなにおしゃれなホームページを作ったとしても

どんなに熱く社長の想いを詰め込んだホームページを作ったとしても

 

見てもらえなければ、効果はありません。

 

ホームページを作れば、みんなに見てもらえると思っている方がいらっしゃいますがこれは間違いです。

 

「ホームページを作ったけど、売上につながらない」と嘆く経営者の方のほとんどが、この状態です。

 

見てもらうための行動が必要不可欠です。

 

 

 

 

アクセスしてくれた人に、その後の動作をしてもらう

 

 

さまざまな施策を経て、ホームページを見てくれる人が増えたものの、見ただけで終わってしまう。
従って、売上にはつながらない。

 

次の段階はここです。

 

大抵のホームページは、かっこよく自社と、自社製品を説明します。

 

・・・・・・・・で、どうしたら良いのかが明確になっていません。

 

見てもらったお客さんに次にどうしてほしいのかを知らせないと、お客さんは動きません。

 

この項の見出しを『アクセスしてくれた人に、購入してもらう』ではなく、『その後の動作をしてもらう』とした点に注目してください。

 

よくあるホームページは、商品の説明をして「さあ、買いませんか?!」と促しています。

それで購入してくれるなら問題ありませんが、思ったように購入してくれないの場合がほとんどでしょう。

 

もちろん最終的な目的は購入してもらうことでしょうが、ホームページに来たお客さんに取ってもらいたい行動を『購入』に限定する必要はありません。

 

購入以外にも

  • 問い合わせ
  • 資料請求
  • 無料サンプル取り寄せ
  • 詳しく説明が聞きたい

などが考えられます。

 

これらは少なくとも、即『購入してください』よりはハードルが低いはずです。

 

 

ホームページを売上につなげるには

 

 

ホームページを売上につなげるには、

 

  1. アクセス数を増やす
  2. アクセスしてくれた人に、その後の動作をしてもらう

のポイントしかありません。

 

各々の手法に関しては、過去ブログや今後を通じてお伝えしていきますが、とにかく「ホームページを作ったものの、どうしたら良いか分からない」いう方は、この2点に絞って、頭を整理してみてください。


またお越しください

コメントを残す

*