小さな会社のポジショニング戦略とは

ポジショニング

 

 

あなたは良く晴れた日曜日の午後に街を歩いているとき、少しお茶でも飲みながら休憩を取ろうと思いました。

 

周りにはいくつかのカフェや喫茶店があります。

あなたはどこに入りますか?

 

スターバックス?

ドトール?

ルノアール?

コメダ珈琲?

それとも個人店?

 

どこを選ぶかは人それぞれですが、大切なのは
「なぜそこを選んだのか?」です。

 

 

人それぞれの価値観で選ぶ?

 

 

コーヒーを飲むお店を選ぶときには何かしらの理由があり、その理由をもとにそのお店に入ります。

 

例えばコーヒーショップであれば

  • 食事が充実している
  • たばこが吸える・完全禁煙
  • 静かに話ができる
  • 価格が安い
  • コーヒー以外の飲み物もある
  • テイクアウトができる
  • トイレが男女別
  • 電源コンセントがある

など。

 

お客さんが持っているこれらの価値観のどれかに引っかかったから、そのお店に決めるのです。

 

 

あなたを選ぶ理由は?

 

 

あなたの会社も、お客さんの価値観のどれかに引っかかっているから、お客さんがいるのです。

当たり前ですが、どれにも引っかからなければお客さんは来ません。

 

しかし一番怖いのは、どの価値観でお客さんを引っかけるのかが決まっていないことです。

つまり、他の会社との違いが打ち出せていない・お客さんを呼ぶための価値観が定まっていないという状況が最悪です。

 

 

アピールする価値観を決めましょう

 

他の会社との違いを打ち出すことを「ポジショニング」と言います。

 

ポジショニングはポジショニングマップで表すことができます。

ポジショニングマップ

先ほどのコーヒーショップの例で行くと、このような縦軸と横軸の価値観で表すことが可能です。

この場合、各社のたばこと価格に関する価値観でポジションが決まり、2の場所がガラ空きであることに気が付きます。

もし、2の価値観のお店を出せば他店との差別化になり、その価値観に当てはまるお客さんを呼ぶことは可能です。

 

コーヒーショップだけに限っても縦軸と横軸は、たばこと価格以外にも、先に述べた

 

  • 食事が充実している
  • たばこが吸える・完全禁煙
  • 静かに話ができる
  • 価格が安い
  • コーヒー以外の飲み物もある
  • テイクアウトができる
  • トイレが男女別
  • 電源コンセントがある

などさまざまな価値観を置くことが可能です。

 

 

これで他社とどこが違うのか?

お客さんに伝える価値観をどこに持て行くのかを作っていくのです。

 

 

あなたの会社ポジショニングは?

 

 

マクドナルドの業績不振が止まりません。

マクドナルドのポジショニングは、圧倒的な低価格でした(それが良いか悪いかは述べません)。

それがここにきて、商品ボリュームを異常に大きくしたり、価格を上げたり、また下げたりと、ポジショニングが定まっていません。

 

これではどこの価値観を持っているお客さんが行けばよいのか分からないのです。

 

あなたの会社でも、こんなことは起きていませんか?

 

あなたはどの価値観、縦軸・横軸を選択し、その中でどのポジショニングを取るかを明確にしなくてはいけません。

 

あなたの会社は何で選ばれるのか?

いや、選んでもらうのか?

 

考える必要があります。

 


またお越しください

コメントを残す

*