新規開拓リードジェネレーションの無料オファー3つのコツ

Offer

 

先日はリードジェネレーションについてお話しました。

 

ATTRACT(興味を引く)

BUILD(信頼関係の構築)

CONVERT(購入してもらう)

 

この一連の流れで、新規顧客の開拓を行うことができます。

 

この中の、ATTRACT(興味を引く)で、見込み客に無料のオファーをあげる代わりにメールアドレスを教えてもらいます。

今回はこの無料オファーのポイントをお伝えします。

 

 

無料オファーのポイント1 費用を安く抑える

 

なるべくたくさんのメールアドレスを獲得したいのであれば、それだけたくさんのオファーを無料で配布することになります。

仮にオファーの原価や送料など含めて、100円だとしたら、100人であれば10,000円。1,000人であれば100,000円にもなってしまいます。

当たり前ですが、人数や原価が上がればさらに費用が上がります。

予算が有り余っている会社であれば問題ありませんが、小さな会社であれば少額または無料で複製のできる物などがおすすめです。

 

無料オファーのポイント2 本命商品の関連物である

 

無料オファーの目的は、メールアドレスを取得することです。

メールアドレスを取得することだけに目的を絞るのであれば、無料オファーにたくさんの人が欲しがるものにすればいいのです。

例えばあなたが企業に対して、コピー機を販売・レンタルしていたとします。

そこに
メールアドレスを入力してくれたらメロンを差し上げます!
と書けば、多くのメールアドレスは取得できるはずです。

しかし、そのメールアドレスにコピー機のアプローチをしても、成果は出ません。

 

なぜならメールドレスを入力してくれた人の目的はメロンだからです。
その人にコピー機のニーズはないのです。

あなたの商品に関連している無料オファーである必要があり、その無料オファーに興味を示す人があなたの本来の商品にも興味を示してくれる可能性が高くあるため、見込み客となり得るのです。

 

 

 

無料オファーのポイント3 必要なものではなく欲しいものであること

 

 

重要なことですが、お客さんに必要なものと、お客さんが欲しいものは違います。

無料オファーでも、お客さんは欲しいものはもらってくれますが、こちらが必要だと思っているものはもらってくれません。

 

お客さんがなにを欲しがっているのか、しっかりと考えた無料オファーでなくてはいけません。

 

あなたが本当に購入してほしい、お客さんに必要な商品はバックエンドで販売をするのです。

 

 

以上を踏まえた無料オファー何がいい?

 

  • 経費が掛からない
  • 本命商品に関連している
  • お客さんが欲しいもの

これらを踏まえた無料オファーはどんなものはがあるでしょうか?

 

これは業種や予算によって変わってきますので、一概には言えませんが、

  • PDFの資料
  • 動画

などがおすすめです。

最大のポイントは両方とも作成、複製が無料でできるところです。

よくある例でいうと、あなたの業種に関連した「成功事例集」や「○○で失敗しない7つのポイント」など、あなたが先生として伝えられるものを、PDFや動画にするのがおすすめです。

もちろん、予算がかけられるのであれば、無料サンプルやお試しなども強力なオファーとなります。

 

あなたの会社のオファーもこれをきっかけに考えてみてください。


またお越しください

コメントを残す

*