あなたのお客さんを正しく決めるペルソナマーケティング

ペルソナマーケティング

 

以前にしっかりと特定のお客さんを絞ってその人に向けてメッセージを送る。

というお話をしました。

 

しっかりと行って頂いていますか?

 

「うちはやっているよ~」

ターゲットは20代の女性です・・・・・・

ターゲットは大人の男性です・・・・・・

 

なるほど。。。。。

 

 

ターゲットを明確に絞るペルソナマーケティング

 

 

ターゲットを絞るのは大切です。

絞ったターゲットのことを「ペルソナ」と言います。

そしてそのペルソナに向けたマーケティングを「ペルソナマーケティング」と言います。

しかしそのペルソナの絞り方が非常に重要なのです。

 

例えば20代女性向けにおしゃれなビジネススーツを売るとします。
本当に20代女性というペルソナ設定で合っているのでしょうか?考えてみましょう。

 

29歳、仕事が楽しくてしかたないのキャリアウーマン
「とてもステキで仕事に使えそうなので買いました」

28歳、専業主婦
「専業主婦なので、ビジネススーツは必要ありません」

25歳、フリーター
まったく興味なし

22歳、新人社会人
「欲しいとは思いましたが、まだ高くて手が届きません」

20歳、大学生
まったく興味なし

 

このようにバラバラです。これをひとくくりにしてペルソナとするには大雑把すぎます。

 

では、もう少し範囲を狭めて「20代後半」としたとしても上記のように29歳で仕事を頑張っている女性と、28歳専業主婦で子育てをしている女性はくくれません。

「仕事をしている女性」でも、新人とバリバリのキャリアウーマンでは違います。

 

女性に限らず男性でも同じです。

40歳といっても、経営者と従業員であれば必要な物や購入する物も違います。
従業員の方に「経営に役立つ・・・・」のような商品は売れません。

 

 

人は年齢や性別でなく、価値観でものを買う

 

 

年齢や性別が同じだからと言って、同じ物が欲しいわけではありません。

同じ物が欲しい人のことを考えればわかりますが、共通するのは年齢でも性別でもなく
価値観です。

専業主婦と、キャリアウーマンでは価値観が違うのです。

ペルソナは年齢や性別より価値観で決める必要があります。

 

 

ペルソナマーケティングは絞りに絞る

 

 

あなたの理想のお客さんをしっかりと決めてください。
それは年齢や性別だけでなく、その人の趣味や好みや日々の悩みや癖や見た目や・・・・・・・
一人の人を明確に決めるのです。
あなたの商品はこのペルソナに向けて作ります。
宣伝コピーもこのペルソナが興味を持つように書きます。

 

全てをここまで絞ったペルソナに向けることにより、商品やメッセージの方向が統一されてブレなくなるのです。

 

あなたの商品はどんな価値観の人に買ってもらいたいのですか?

 

 

まとめ

 

ターゲットを絞る。

ペルソナを設定するペルソナマーケティング。

最近では多くの企業で言われ始めてきたことです。

 

しかし、ほとんどの場合ペルソナは年齢や性別という大変大雑把なものであることがほとんどです。

あなたの価値観に共感してくれる価値観を持ったペルソナをしっかり作り、その人にアプローチをしていきましょう。

またお越しください

コメント

コメントを残す

*