小さな会社がマーケティングで成功するための3つのポイント

Successful-marketing

 

 

大企業は莫大な予算をつぎ込んで、マーケティング戦略を行い、ブランドイメージを確立していきます。

あらゆる場面で浴びるようにインフォメーションされることにより、企業のロゴや商品が潜在意識に染み込んでいきます。

 

小さな会社が同じ土俵で彼らに挑んでも意味はありません。

小さな会社は、アイデアと知識と機動力で、小さな会社にしかできないマーケティングを行っていくのです。

ここでは、小さな会社がマーケティング戦略を行う際に心がけることをお伝えします。

 

 

1.お金をかけない方法考える

 

 

お金をかければできることはたくさんあります。

テレビCM、新聞広告、ニューヨークのタイムズスクウェアに大きな広告を出すことだって可能です。

 

ちなみに昨年度宣伝広告費トップ企業は

1位 ソニー 4,444億円

2位 トヨタ 4,351億円

3位 日産自動車 3,367億円

以下 イオン セブン&ホールディングス ブリヂストン マツダ

と続いていくそうです。

 

しかし小さな会社にはこれはできません。

 

チラシを作るにしても、1枚あたりの金額は低くても、量が増えると思ったより金額も大きくなります。

 

小さなか会社がまず考えなくてはいけないのは、お金をかけずにできることはないか?ということです。

 

Facebookなどソーシャルメディアもそうですが、知り合いの紹介なども小さな会社には大きな力になることが多くあります。

 

 

2.小さな効果測定繰り返す

 

 

マーケティング費用をいくらかけても、購入してくれたお客さんが0人であればそのお金はムダになります。

 

さまざまなマーケティング手法がありますが、それがどの場面で効果を発揮するかはやってみないと分かりません。

 

そのため、前段階で小さな規模での効果測定を行う必要があります。

 

そこである程度の成果が出るという状況を作り、そこに大きな費用をかけていくのが賢明です。

 

 

3.集客のあらゆる可能性を見る

 

 

インターネットマーケティングを始めると、時々インターネット「だけ」でビジネスを行おうと考えてしまう人がいます。

どんなにテクノロジーが発達しても、ビジネスは人と人のふれあいであることを忘れてはいけません。

 

お客さんからの紹介は普遍的に強力ですし、アナログな手法が相手の感情を揺さぶることも多くあります。

また、お店であれば、手書きのポップが威力を発揮する場面だってあるのです。

 

インターネットマーケティングだけにとらわれる、頭の固い経営者にならないようにしましょう。

 

 

 

小さな会社がマーケティング戦略を考える際には、頭を柔軟に全体のバランスを意識する必要があります。

マーケティングを行うのは、ビジネスの手段であって目的でないということをしっかりと考えてください。

またお越しください

コメントを残す

*