会社名・商品名・肩書・・・、ネーミングで売上10倍?!

ネーミング

ネーミングの重要性って知っていますか?

 

以前、イギリスの友人と話をしていた際にびっくりしたのですが、彼らはゲームの『セガ』という会社を日本の会社だと思っていませんでした。

どこの国の会社かは分からないけど、ヨーロッパーかアメリカあたりの会社かと思っていたそうです。

理由を聞くと、「日本企業っぽくない名前」だったからだそうです。

 

これは良いか悪いかは別として、ある意味、グローバル化に成功した例と言えるでしょう。

 

意外に知らない日本企業のネーミング

 

では、日本電気株式会社という会社は知っていますか?

 

・・・・けっこう知らない人もいるようですが、NECのことです。

今では完全にNECのネーミングの方が一般的です。

 

NECの場合は現在も日本電気ですが、

さまざまな理由で社名を変更して、現在では新しい社名が一般的になった会社は多くあります。

 

  • 早川電機→シャープ
  • 東京通信工業→ソニー
  • 東洋工業→マツダ
  • 東京芝浦電気→東芝
  • 大阪発動機→ダイハツ
  • 壽屋→サントリー
  • 鐘ヶ淵紡績→カネボウ
  • 三井越後屋→三越
  • 日本産業→Nissan
  • 大洋漁業→マルハ
  • 鬼塚運動具店→アシックス

これらは社名を変え、現在ではそちらの方が一般に認知されている例です。

 

 

ネーミングの重要性

 

 

ネーミングは私たちが何かを認知するときに重要な役割を占めています。

 

おもしろいネーミングにひかれて商品にも興味をもつこともありますし、覚えにくいネーミングだと人にも伝えづらくなってしまいます。

ネーミング1つで売上に大きな差すら出てくるのです。

 

ネーミングを変更した結果、大きな効果のあった代表的な例としては

 

サントリーの缶コーヒー『BOSS』

テレビCMでもお馴染みのBOSSですが、元々はWESTというネーミングでした。

BOSSに変更後、売上は2倍以上になりました。

 

伊藤園の『お~いお茶』

缶入り緑茶「缶煎茶」として発売されました。

お~いお茶にネーミング変更後、20年間緑茶シェアナンバー1になっています。

 

ネピアの上質ティシュ『鼻セレブ』

モイスチャーティシュというネーミングからの変更です。

名前のインパクトもあり、売上は4倍になりました。

 

 

ネーミングを見直しましょう

 

 

これらは、特に成果の出た例ですが、小さな成果であればまだまだあるはずです。

 

これは逆に言えば、ネーミングを見直すだけで、成果に結びつくことが多くあることを意味しています。

  • 会社名・店舗名
  • 商品名
  • サービス名
  • ブログやホームページのタイトル・コーナー名
  • 肩書

 

会社名はそう簡単に変更できるものでもありませんが、その他のものは考えてみる余地はあるでしょう。

 

では、具体的にどのようにネーミングを発想して、適切なものに決めていくかと言う点に関して、明日お伝えしていきますので、お楽しみに。

 

まとめ

 

テレビCMなどを見ていると、あなたにも印象に残るネーミングがあるはずです。

ネーミングひとつで、印象に残りネーミングひとつで良い商品も注目されないこともあるのです。


またお越しください

コメントを残す

*