マーケティングでは「簡単」という言葉に騙されてはいけない

簡単 マーケティング

 

 

「誰でも簡単に集客ができます」

「スマホ簡単に・・・」

「1日10分の作業で簡単に・・・」

 

集客やマーケティングではこのような言葉をよく見ます。

本当なのでしょうか?

 

 

マーケティングに簡単はない

 

駅で、プラットホームに向かうけっこう長い階段がありました。

そのすぐ横には、エスカレーターがあります。

 

あなたはどちらを選びますか?

階段を選んだあなた、すばらしい!
運動不足解消を狙っていますね?

日ごろから、特に運動不足解消などを心がけている人以外(普通の人)は、基本的にエスカレーターを選ぶはずです。

 

なぜか?

エスカレーターを使うほうが楽だからです。

 

 

大変→簡単がビジネスの基本

 

昔は洗濯をするときに、服を一枚一枚、根気よく洗濯板でゴシゴシこすっていました。
そこに洗濯機が登場し、一気に簡単になりました。

 

数字を頭で計算していたものを、自動で簡単に計算する電卓が登場しました。

夜に読書をするときには、油を入れたランプに火を灯していたものを、電球で明るくすることができました。

 

と、言うようにほとんどのビジネスは、お客さんの抱えている大変を簡単、楽にすることで成り立っています。

 

 

基本的に根気よく取り組むのが苦手

 

ぶら下がり健康器・紅茶きのこ・りんご・こんにゃく・寒天・黒酢・豆乳クッキー・炭水化物抜き・キャベツ・朝バナナ・夜トマト・タニタ食堂・ヨーグルト・ビリーズブートキャンプ・バランスボール・コアリズム・プチ断食・糖質オフ・グリーンスムージー・塩麹・ココナッツオイル・酵素・カーヴィーダンス・・・・

みなさんもいくつかは聞いたことがあるかと思いますが、今までに流行した簡単ダイエットです。

これらのダイエットは、「楽に・簡単に早く痩せられますよ~」と人々に(暗に)訴えかけます。

これらがテレビなどで紹介されると、瞬く間にブームとなって、食べ物系だとスーパーなどで品切れが続出してしまいます。

そしてしばらくするとそのブームが去り、次のダイエットにブームがやってきて、消費者はそれに飛びつくのです。

しかし考えてください。

この中のどれかしらかの方法で簡単に成果が出ていたら、次の方法に飛びつく必要はありません。

つまりほとんどの人の成果につながっていないということなのです。

逆に成果が出たという方は、その方法と同時に、根気よく食事制限をしたり、運動をしたりしているのです。

しかし消費者の思考は「次の○○という商品なら、楽をして簡単に成果が出るかもしれない」と思ってしまい、次から次へと手を出してしまうのです。

 

 

根気よく継続するマーケティング

 

ダイエット程度であれば笑い話になりますが、困ったことにマーケティングでもこのような形で行っているところが多くあります。

 

どこかの偉い経営者が「A取り入れて、成功した」と聞けばすぐに取り入れる。

しかし知人の社長からBを勧められれば、すぐさまBを導入して、Aは放置・・・。

さらにBもそこそこに、今度は何かのきっかけでCを・・・・。

 

やはりダイエットと同じで、なるべく楽に簡単に成果が出したいのです。

経営者であれば成果を出すのに即効性が欲しいのは分かります。

 

しかしマーケティングにおいては一時的な成果はともかく、しっかりとした根拠のある成果を出すにはある程度の時間がかかるのです。

 

みんなそれを分かっていながらやはり「楽に・簡単に・早く」というものにひかれてしまうのです。

 

新しい価値観や、情報にアンテナを立てて取り入れる柔軟さは必要です。

マーケティングはその中から本物を見極め、選択をしたものを組み合わせ自社のシステムに落とし込んで微調整を繰り返し、効果が出るまで行うというということを根気よく行わなくてはいけないのです。

 

成功者とはうまくいくまで、根気よく行い続けた人のことなのです。

 

まとめ

簡単にお客さんが集まったら良いですね。

難しいマーケティングも1日3分、簡単な単純作業だけで成果が出れば素晴らしいです。

 

次から次へと現れる最新のマーケティング(と称するもの)はそのような甘い言葉を投げかけてきます。

しかし、そんなことはないとしっかり理解してください。

 

頑張って積み重ねた結果、その後は楽に簡単に進めていくことは可能です。

安易に簡単な方向へ飛びつかないように注意しましょう。


またお越しください

コメントを残す

*