ブログで集客する際の即効性を上げる4つのタイトルのつけ方

ブログで集客

 

どの業界でも集客にインターネットを活用するにあたっては、情報を発信できて、自分で更新可能なブログで集客する方法が有効です。

 

ブログでお客さんの役に立つ記事を上げ続けることによって、見てもらう確率が上がっていきます。

しかしこれは今すぐに成果の出るものではなく、ある程度の根気が必要です。

 

そこで今回は、少しでも早く成果につなげるための記事タイトルの付け方について考えてみます。

 

 

ブログで集客するにはタイトルが大切です

 

あなたがどんなに素晴らしい記事を書いたとしても、タイトルに興味を感じなければ読んでもらうことはできません。

また、素晴らしい記事内容だとしてもタイトルが的外れであったならばgoogleからの評価も下がってしまい、結果として検索上位に表示されることもなくなってしまいます。

 

ブログで集客を行いたいのであれば、コンテンツ内容も大切ですが、しっかりとしたタイトルを掲げる必要があるのです。

 

1.ブログで集客するにはキーワードを意識したタイトルが必要です

 

ブログで集客をしたいあなたのブログに新しいお客さんに来てもらうためには、googleなどで検索した検索結果からの訪問か、Facebookなどのソーシャルメディアからの訪問しかありません。

 

googleなどの検索エンジンで検索して読まれる場合、お客さんは何か知りたい『キーワード』を検索してそのページに表示されたサイトの中からどれかを選択して訪問します。

 

google検索結果表示にはお客さんが調べた『キーワード』が入った記事が表示されます。

つまり、お客さんが詮索する『キーワード』が入ったタイトルをつけることによって、検索結果に表示され、クリックしてくれる可能性が増えるのです。

 

 

2.ブログで集客するには興味を引くタイトルが必要です

 

お客さんが検索した『キーワード』を含む記事のページがgoogleなどの検索結果に表示されます。

お客さんはその中からどれかを選択して開くのです。

ブログで集客をしたいあなたの記事はその中から選ばれる必要があるのです。

 

そのためには、お客さんの興味を引くタイトルである必要があります。

 

興味を引くタイトル例としては

  • お客さんの調べたいことにドンピシャで答えている
  • 続きが読みたくなる
  • 周辺にある記事の中で異彩を放っている(違う視点)
  • あえて命令口調(断言している)にして著者の自信を感じさせる

などがあげられます。

 

よくある勘違いとして、興味を引こうと凝り過ぎたり、個性を出そうとし過ぎて詩的になりすぎたりすると、お客さんに伝わらないことが多いので注意しましょう。

 

本や雑誌や、電車のつり広告などは、タイトルだけで興味を引くように考えられていますので、よく見ると非常に勉強になります。

 

 

3.ブログで集客するには文字数を計算に入れたタイトルである必要があります

 

魅力的で、見ただけでお客さんにピッタリと思わせるためとは言え、長すぎるタイトルは良くありません。

お客さんの読む意欲を削いでしまう恐れがあります。

 

また、googleなどで検索した場合、結果表示の一覧で表示される文字数は限られています。

長すぎると後半の文字は表示がされずに、お客さんに伝わらなくなってしまいます。

一般的に28文字以内で収めるのが良いとされています。

 

 

4.ブログで集客するには数値を持って具体的に表したタイトルが有効です

 

タイトルに真実味を出すために、具体的な表現にする必要があります。

そのために有効なのが、数値で表すということです。

 

例えば

『痩せる』
よりも
『2カ月で10kg痩せる』
と表現した方がより真実味を感じさせることができるのです。

 

 

ブログで集客ができる本文とタイトル

 

お客さんに検索結果から自分のブログに来てもらうためには、

  • 記事のキーワードをしっかりと決めて検索結果に表示される
  • 見てみたくなる魅力的なタイトルで、その中から選択される

必要があります。

つまりは、読者から「読みたい」と思ってもらうものであると同時に、googleから評価をされるものでなくてはいけないのです。

 

ブログで集客をするには、この2点をしっかりと考えたタイトルを考えていきましょう。

 

 

まとめ

 

ブログで集客をする場合、クオリティーを保った記事を書き溜めていく必要があるので、ある程度の時間がかかります。

少しでもその時間を短縮するためのタイトルのつけ方のコツを4つお伝えしました。

 

読者の興味を引き、そしてgoogleにも評価をされる。

そんなタイトルを意識して作成をしてください。


またお越しください

コメントを残す

*