無料で会社のホームページに誘導する2つ方法

induction

 

あなたが素敵なお店を開いたとしても、お客さんが来てくれなれば売上を上げることはできません。

ホームページも同様で、どんなにお金をかけて素晴らしいホームページを開設したとしても、訪問者がいなければ絶対に効果は上がることはないのです。

そこで今回はお客さんを無料でホームページに誘導する方法2つについて考えてみます。

 

 

待っていてもお客さんは来ない

induction

 

自分の仕事にやりがいを持って真剣に打ち込み、素晴らしい商品やサービスを提供していればお客さんはやってくるという考えは現在では残念ながらほとんど通用しません。

なぜならばお客さんは『知らないものは買えない』からです。

 

お客さんがたくさんの情報を得ることができる現代では、こちら側から意図的に『知らせる』という行動をとらないと、お客さんに『知ってもらう』のはほぼ不可能です。

 

『ほぼ』と言ったのは、全くの0ではないからです。

しかしその可能性は限りなく低いので、その可能性にかける経営スタイルは賢明とは言えません。

 

 

 

なるべくお金をかけたくない

induction

 

お客さんは『知らないものは買えない』ので、まずはお客さんに会社のこと、商品やサービスを『知らせる』ということをしなくてはいけません。

 

そこでお客さんに『知らせる』ために企業はいろいろな策を取ります。

テレビCM、キャンペーンやイベント、街看板、電車やバスの車内広告、新聞雑誌広告、ダイレクトメール、ネット広告、ビラ配り、あいさつ回り・・・・。

 

そこまでして『知らせる』ことによって、『知ってもらう』ことができ、ようやく『買ってもらえる可能性』が発生するのです。

 

しかしこれらは多くの場合高額の費用がかかります。

 

そこで経営者はなるべく費用を抑えての集客方法を望みます。

 

そこで上がってくる案は、インターネットを使った集客方法です。

 

 

情報が多すぎて理解ができない

induction

 

「Facebookを使えば簡単に集客ができます!」

「インスタグラムを使って・・・!」

「youtubeなどの動画をからの集客が・・・」

「LINE@なら楽に・・・」

 

 

・・・・・・・・・・・・・

 

インターネットを使って集客って、たくさんの情報があって理解と整理が難しいのが現状です。

 

インターネットを使った集客に懐疑的な人の多くはここの整理ができていない場合がほとんどです。

 

いろいろな方法やノウハウがありますが、まずは基本的なことを知っておきましょう。

基本はホームページに呼び込んで、見てもらう流れです。

 

 

ホームページへの誘導方法は5種類

induction

 

ものすごい情報量があふれて、ついていけないように感じますが、きちんと整理をするとホームページに誘導する方法は基本的に5種類です。

googole、yahoo!などの検索エンジンから誘導する

お客さんがあなたの会社名や商品名を直接検索して誘導する方法と、お客さんが知りたいことを検索した結果、あなたのサイトがヒットして、そのサイトに誘導する方法があります。

 

SNSなど、ソーシャルメディアから誘導する

Facebook、Twitter、Instagram、LINEなどを経てホームページに誘導をする方法です。

 

出した広告から誘導する

googole、yahoo!、Facebookなどの広告を出し、そこから誘導する方法です。

 

オフラインのつながりから誘導する

名刺交換や、チラシなどで会社やサービスを知ってもらい、そこから検索してもらう。

または記載されているURLを通じて誘導する方法です。

 

発行したメルマガを通じて誘導する

何かしらの方法で得たお客さんのメールアドレスにサイトURLを載せたメルマガを発信し、そこから誘導する方法です。

 

以上の5種類です。

きちんと整理をすると意外に多くの種類があるわけではないことに気が付くはずです。

 

この中からあなたの会社に適したものを選択して、それを行うのです。

 

 

無料でホームページに誘導できるのは2種類

induction

 

予算もないからできれば無料で集客したい場合はどうでしょうか?

上記5種類のホームページへの誘導方法の中から、無料で行えるということに絞ると実は2種類しかありません。

 

その2種類について解説をしていきます。

 

 

googole、yahoo!などの検索エンジンから誘導

 

何かを調べようと思って検索したときに、検索結果に表示されてホームページに来るという流れです。

 

検索してみると分かりますが、検索結果は1ページ目から2ページ目・・・・・と、「一体何ページあるんだ?」と言うくらいの検索結果が出てきます。

 

通常は1ページ目から見ていきますので、後の方のページになるほど見られる可能性が下がります。

 

なので、なるべく最初の方に表示されたいのですが、そのためにはいろいろな方法がありますが、お金をかけず確実に行うのは、お客さんのためになる記事をたくさん書いていくことです。

記事がたくさん増える、つまりホームページのページ数が増えることによって、検索結果の上位に表示されやすくなるのです。

 

 

SNSなど、ソーシャルメディアから誘導

 

みなさんの身近にもFacebookや、twitterを使っている方が多数いると思います。

ソーシャルメディアからの誘導も有効です。

 

詳しくは上記リンクの記事をご覧いただきたいのですが、人から人へ爆発的な効果を発揮することもあります。

 

ホームページとリンクさせておくことは重要です。

 

 

ホームページへの誘導は2択

induction

 

はっきり言ってしまいますが、ホームページへ誘導は『労力と時間をかける』か『お金をかけるか』と言えます。

 

「お金をかけたくない」という気持ちも分かりますが、その分かかる労力と時間をお金に換算したら大きかったなんてことがないように注意が必要です。

 

お金をかけない方法は確実性の半面、即効性がありません。
続けていくことが何より大切ですので、その労力も考慮しましょう。

 

まとめ

 

ネットを使った集客の基本はホームページへの誘導です。

その手法は5つあり、その中で無料でも行えるものは2つです。

 

できれば無料で成果が出ることが望ましいですが、基本的に無料の方法は時間がかかります。

半面、お金をかける方法は即効性が期待できます。

 

お金をかけないこともおおきなテーマではありますが、時間もお金と同じか、それ以上に大事です。

メリットとデメリットを理解して、あなたに合った手法を見つけ出してください。


またお越しください

コメントを残す

*