自分の強みって何だ?

 

先生業の要点

 

最近よく
「自分の強みを活かす」
的な話をよく見かけるようになりました。

確かに
自分の強みを活かして
仕事をした方がうまくいきます。

また、
強みを使うと意識せずに比較的簡単に
物事ができてしまうので、
その方が、仕事を楽に進めることが可能です。

じゃあ、
「強みを使って仕事をしよう」
「自分の強みを明確にしよう」
と思うわけなのですが

それがなかなかうまくいきません(笑)

前述のように
強みとは、
その日人自身は意識をせずに
物事をこなしてしまうのです。

だから多くの場合、
それが自分の強みであることを
意識もせず理解もできていないのです。

灯台下暗しみたいな感じですね(笑)

それを
「自分の強みは・・・」
と探すのは簡単ではありません。

必要なのは第三者の目です。

自分では何気なく行っていることも、
第三者から見て
「それすごいね!」
って感じられることってあるのです。

それを第三者から
「あなたの○○は普通の人と比べて
優れています」
と伝えてもらって本人は
「そうのか???」
(↑あまり自覚なし)
と気がつく場合が多いです。

それが強みなのです(笑)

自分で自分の強みを
探そうとすると、

  • 他人より優れている
  • 自分で自覚できる

ポイントに目が行きます。

しかし、
このような視点で探すとそれは
「確かにできるんだけど
やってて楽しくはない。またはやってて苦痛」

みたいな点になってしまうことが多いです。

それは
一見、強みに見えますが実は違います。

強みとは

  • 他人より優れている
  • 苦労なくできる

である必要があるのです。

この2点を兼ね備えた自分の強みを
見つけ出すのは第三者の視点が
やっぱり必要なのです。

第三者に意見を聞いてみることを
おススメします。

※強み診断ツールを使うのも
効果的ですよ(笑)

またお越しください

コメントを残す

*