○○泥棒?

先生業の要点

 

 

2017年10月1日から東京都の
最低賃金が958円になうそうです

時給ですね。

それが
高いか安いかは置いておいて

従業員には1時間に最低958円
支払わなくてはいけません。

そこで
経営者の考えはこうです。

「958円以上の仕事をしてくれよ!」

当たり前ですよね?

それ以下の働きであれば
給料泥棒ですよ(笑)

ちなみに
958円はあくまで
最低賃金です。

なので、
ほとんどはそれより
上であることが多いです。

さらに、
経験を重ねた方にはもっと
賃金が高いのが通常です。

そうなれば、その人に
求める働きもおのずと上がってきます。

当然ですよね?

ね?()

じゃあ、
一番時給の高い人って誰ですか?

あなたです。(笑)

通常、
経営者は一番賃金が高いはずです。

で、先ほどこう言っていました。

「賃金以上の働きをしなければ
給料泥棒だ!!!!!」と(笑)

さて
あなたは賃金以上の働きをしているでしょうか?

もちろん
トータルで見たら合格でしょう(笑)

しかし、
もう少し厳しく見ていきます(笑)

あなたが日々煩わしくやっている雑務。

例えば
・メールチェック
・メール返信
・領収書の整理
・請求書の発行
・見積書の発行
などなどなど・・・

これは
あなたの時給以上の仕事になっているでしょうか??

なってないんじゃないですか?

だとしたらあなたも
○○泥棒(笑)???

「だって、社員がいなく一人で
やっているんだから敷かないだろう?」

なるほど。

だとしたら、
あなたより時給の安い従業員を雇って
雑務は任せた方がいいでしょう。

あなたは
その分であなたの時給に
見合った仕事ができるはずです。

そういう考え方をした方が
結果、利益が上がることも多くなりますよ?

じゃあ、
あなたの時給っていくらですか?

どう
試算したらいいですか?

それを次回お知らせしますね。


またお越しください

コメント

コメントを残す

*