行動の元

先生業の要点

 

先日、
マーケターとお話をしていました。

そこで今度、
彼らに向けて、私がセミナーを行う
ことになったんです。

彼らが悩みを抱えていました。

それは

「彼らのクライアントがブログを
更新してくれない」

ということでした。

彼らもクライアントに成果を出して
もらいたいのでブログを
書くように言っています。

しかし、
なんだかんだの理由でブログの更新を
しない人、止まってしまう人が
ほとんどなんだそうです。

なぜでしょうか?





ブログを更新することで
どうやってお客さんの獲得に
つながるかの説明が不足していたのです。

つまり
クライアントにブログを書くことの
有効性と重要性を理解をさせる
ことができていなかったのです。

「やれ」
と言っても、
「何のために」
「なぜ」
「どうやって」
が足りていなかったということです。

また実際は
それらをきちんと説明し切れるスキル
が足りていないようでもありました。

なので、
私がセミナーをやることになったのですが(笑)

これは
コンサルタントとクライアントの事例ですが、
自分自身でもそうです。

とりあえず方法論を求める人は多いですが、
重要なのはその方法論が
「何のために」
「なぜ」
「どうやって」
の部分です。

それがしっかりと腑に落ちていないと
本当の意味でエンジンはかかりません。

もし
あなたのエンジンが本当の意味で
かかっていないとしたら、
今やろうとしていることの
「何のために」
「なぜ」
「どうやって」
を考え直してみることも必要ですよ。

またお越しください

コメントを残す

*