体験を売る

先生業の要点

 

 

先日、ある製造業の方と面談をしました。

ピークは過ぎたとはいえ、日本のモノづくりは
世界に誇るべきものですね。

ただ・・・

良いものを売るのがヘタですが・・。

先生業も普通の人にはない知識やノウハウ、資格など
を持っています。

それらを身につけるために大変な苦労をしたはずです。

だから普通の人からするとすごいことができたり、
たくさんのことを知っていたり、
特別なことができるわけです。

しかし、それらは買う側、お客さんにはそんなに重要では
ないということを理解しましょう。

あなたがどんなにすごいことができたとしても
お客さんはそんなものに興味はありません。

お客さんはあなたが『すごいこと』をやってくれた結果、
得られるメリットが欲しいのです。

あなたの持っている『すごいこと』はそのメリットを得る『手段』
でしかないのです。
大抵の場合、お客さんが得たいメリットは体験で
あることが多いです。

楽しい体験、楽をする体験、体が軽くなる体験、
幸せな気分になる体験、ワクワクする体験・・・。

あなたが苦労して得た資格やノウハウを否定する
わけではありませ。

しかし、お客さんに提供するのは
資格やノウハウではなく、それらを通じて得られる
体験を売ってくださいね。

またお越しください

コメントを残す

*