目の前の人とメールで話す?

先生業の要点

 

スキル・ノウハウ・資格で
ビジネスをしている先生業向け

「月に3件の新規顧客を獲得し続けながら
今より1日2時間の自由な時間を確保する」
コンサルタント、鈴木です。

 

「ネットで集客」

この言葉は魅力的ですよね。

 

先日、ある経営者の方と
お会いしました。

 

その方は、お会いした時に
やたら慌ただしく複数の人と
名刺交換をしていました。

 

私もその中の一人だったわけで、
何やらよく分からずに
言われるがまま名刺を交換した
ような感じです。

 

すると後日、メールが来ました。

 

内容は

「先日はありがとうございました。
私は○○の仕事をしています。
(ここは多少詳しく実績などを羅列)
一度、私の仕事の話するお時間をください」

 

というニュアンスです。

 

う~ん、
いやお互いにwin-winになる
可能性があれば喜んでお話を聞くのですが、

 

何で直接会ったときに言わないんだ??

 

って感じです。

 

その人とお会いした時、
やたらとたくさんの人と名詞交換
をしていましたが、
その後に決して時間がなかったわけでは
ありません。

 

目の前にいるのに
何で後からメールで要件を
伝えるなんて遠回りをするのでしょうか?

 

いつも言っていますがメールやネットは
あなたの考えなどを伝える
手段の一つでしかありません。

直接会えるならば直接伝えるに
勝ることはほとんどないのです。

何が何でも
ネット集客をしなくてはいけない
とでも思っているのでしょうか?

リアルを大切にしましょうね(笑)


またお越しください

コメントを残す

*