漫才コンテスト優勝者がおもしろくないわけ

先生業の要点

 

 

M-1グランプリ
THE MANZAI

お笑いのネタコンテストが
恒例のように行われています。

あなたは見ていますか?

私は好きでよく見ていたのですが、
最近はさっぱりです・・・。

何か、以前ほどおもしろくない気が
するんですよね~。

なんてことを思っていたら、
ダウンタウンの松本人志がこんなことを
言っていました。

「ネタのコンテストの審査委員を
誰か1人にした方が良い」と。

あの手の番組の審査員って、
5名とか10名とかがいて、
みんなそれなりの著名人やお笑いの
偉い人だったりします。

その人たちが各々3ポイントとか
持っていて、合計得点の高い人が優勝です。

審査員は老若男女いて、
(若はあまりいませんが)
いろいろな趣味嗜好の人たちです。

高得点を取るにはその人たちから
まんべんなく評価される必要があります。

つまり、
『みんなに好かれるお笑いでないと優勝できない』
ということです。

松本人志はこれがつまらないと言っているのです。

誰かに思い切り嫌われるけど、
ある層にはめちゃくちゃ受ける芸人が見たいと。

確かにその通りだと思うのです!!

これは
私がいつも言っているマーケティングと同じです。

みんなに平均的に好かれる無難なものは
大企業が売っています。

全員には売れないけど、一部の人は
猛烈に気になって買わずには
いられないもの。

お客さんは自分をそんな気にしてくれる
ものを待っています。

あなたが売るべきものも
そういうものであるはずです。

そういう意味で、
最近のお笑いのネタコンクールは
おもしろくないな~と
思ってしまうのです。

またお越しください

コメントを残す

*