情報の価値

先生業の要点

私が
中学生のころの話です。

テレビや
ラジオや街中で
偶然流れていて耳に入った音楽。

「これいいな」
と思いました。

しかし、
その音楽が誰の何という曲なのか?

それが分からないのです。

そこで、
大型CDショップに行って、
「これじゃないか?」
とあたりをつけて購入。

しかし
聞いてみたら
「ぜんぜん違う・・・・」
と言うことが多々ありました(笑)

中学生に
CDを買お金は大きかったので
かなり痛かったのを覚えています・・・。

それが今では
何となく耳に入った曲の
一節でもGoogleで検索すれば
すぐに何の曲かが分かります!

何と便利になったものか(笑)

曲以外でも
今ではあらゆる情報が
ちょっと検索すれば
すぐに答えが見つかります。

しかも、
そのほとんどが無料で!!

ビジネスに関しても同様で
有料級の情報すら探せば無料で
見つけることができます。

これはすごいことです。

が・・・
ビジネスに関しては
必ずしも『無料が良いか?』と言えば
そうとは限りません。

同じ情報でも
有料・無料でその価値が
変わる場合があるのです。

例えば
私も同じ内容のセミナーなどを
有料・無料のどちらの形でも
行う場合があります。

その場合、
有料で受けていただいた方の方が
圧倒的に成果を出すという印象が強いです。

無料よりも
有料の方が参加者の本気度が
高くなったのが原因の一つです。

この場合、
受け手に取っては有料の方が
価値は高いとも言えます。

このように
いくらでも無料で情報が手に入るとしても
それを『どのようにして手に入れるか?』
によってその価値は大きく変わります。

あなたが
情報を提供する場合、
情報を手に入れる場合、
無料にするか?有料にするか?
慎重に考えてみてください。

 

またお越しください

コメントを残す

*