クーポンサイトがなくなった!

先生業の要点

少し前の話になりますが
大手クーポンサイトの
グルーポンが撤退しました。

その
数年前には
複数のクーポンサイトがあり、
ちょっとしたブームになっていました。

当時、
私のお客さんでも
クーポンサイトからの営業が
頻繁に来ていて
実際にクーポンを出している
店舗もいくつかありました。

店側の狙いとしては

まず
クーポンを使って
比較的安価にサービスを体験してもらう。

サービスが気に入ったら
その後は定価でリピートしてもらう。

というものでした。

しか実際は
安価に多数のお客さんが殺到。

経営者の体が壊れるくらいの仕事量。
しかし極端な割引のため利益にならず。

しかし
その後にリピーターになる
お客さんは圧倒的に少ない。

という状況でした。

ある意味それは
当然の結果です。

なぜならば

店側の意図として
売りたいものは
質の良いサービスです。

質が良いので、
それなりの価格になるのは当然です。

なので、
それを分かって
そこに価値を感じてくれる
人こそがお客さんです。

一方お客さん側は
クーポンの最大のメリットは
お得感=値段です。

そこに価値を見出す人が
クーポンを買ってお店に来るのです。

・・・ギャップがありますよね?

このお客さんに
サービスを提供して
良さを実感してもらい
「定価でも来よう!」
と思ってもらうと言っても・・・

そのハードルは低くないのです。

もちろん
それに懲りた経営者は
その後にクーポンサイトの
利用をやめました。

すると
クーポンサイト側は
あらたなお店などに営業をかけ
クーポンを発行

以下繰り返し

限界

撤退

という流れなんだと感じます。

お客さんを呼ぶには
安さやお得というのは
とても強力なツールです。

しかし
安易な値下げは自分の首を絞める
ことです。

簡単に安易な方向に走らず
きちんと届けたいお客さんに届けるには?
ここに注力していきましょう!!


ここぞ!
と言うときには値下げという方法を
使う場合もあります。
ただ、肝はその使い方です。
その方法はまた後日(笑)

 

またお越しください

コメントを残す

*