プロの道具を使っていますか?

先生業の要点

 

昔ほどの熱量ではないですが
私はサッカーよりも野球派です(笑)

スポーツ用本店には
○○選手モデルという形で
いくつかの形のバットが販売されています。

草野球などを行う場合は、
その中から自分に合うと思われる
バットを使います。

しかし
プロ選手の場合は大きく異なりなす。

一流選手ともなると
素材の木100本の中で
バットとして選ばれるのが1本くらい。

さらに
その1/100本から10本のバットが
できあがったとして

その中から試合で使われるのは
さらに半分以下だそうです!

その感覚は凄まじく
バットを握った感覚で
太さ0.1m誤差まで分かるんだそうです。

ではもし、
プロの一流選手が
市販のバット使ったとしたら
どうるでしょうか?

おそらく
そこそこは打てるかもしれませんが
プロとしての合格点の成績は
出すことはできないでしょう。

つまり
本当に成果を出したいのであれば
自分に実力があることは大前提

その上で
自分に合った道具を使う
必要があるということです。

ビジネスでも同様です。

あなたは
あなたの業界のプロですね(笑)?

プロが成果を出すための方法として
『○○という手法の集客』
というものを使ったらどうでしょうか?

『○○という手法』は
△△さんも
◇◇さんも
成果を出している方法です。

だから、
あなたもこれで成果をしましょう!
ということです(笑)

これって
さっきのバットの話と
同じですよね(笑)?

仮に
『○○という手法』が
良い方法だとしても

あなたと△△さんや◇◇さんでは
・仕事内容
・持っている知識
・現段階での能力
・年齢
・見た目
・考え方
など
同じはずはありません。

『○○という手法』を使うとしても
プロとしての成果を出すためには
あなたに合わせた微調整が必要です。

そこを無視して?
『○○という手法』という手法を
売っている人に私は「?」を感じますが。。。

しかし、
『○○という手法』という
具体的な方法は
迷っている人にとっては
すぐできそうでとても魅力的なんです(笑)

それは分かります!

ただそれは、
スポーツ用品店で売っている
ただのバットかもしれませんよ(笑)

プロであるならば、
そのバットでプロとしての
成果を残せるのか?

考えてみた方がいいですよ?

 

またお越しください

コメントを残す

*