プレゼントには良いものを?

先生業の要点

 

人は何かをもらうと
「お返しをしないと」
という心理が働く。

返報戦の原理
と言います。

スーパーの試食などは
まさにこれで、
試食をもらったは最後、
買わずにその場を立ち去るのが
困難になった方は多いはずです。

これをビジネスに応用したのが
無料のプレゼントなどを
パターンです。

有名どころでは再春館製薬の
ドンホルンリンクル。

無料サンプルをプレゼントして、
本命商品の購入を促します。

無料プレゼントのポイントはズバリ

「お客さんが欲しいと思うもの」

であることが条件です。

不要なものであればいくら無料でも
お客さんはもらってくれません。

結果、返報性の原理は働かないですよね。

じゃあ、先生業のあなたが
「そうか、お客さんが欲しものか!」
と、先着〇名様に

・高級メロンをプレゼント!
・〇〇牛をプレゼント!
・〇〇旅行券をプレゼント!

にしました。

とてもたくさんの人が集まってくれました。

大成功!!!

・・・・あれ?

お客さんは本命商品を買わずに
帰ってしまいました・・。

返報性の原理・・・は?

スーパーのウィンナー売りのおばちゃんは
ウィンナーの試食をしているから、
その後ウィンナーが売れるんです。

ドモホリンクルの無料サンプルだから
その後にドモホリンクルの本商品が
売れるんです。

高級メロンをプレゼントにつられてきた
人はメロンがほしいのです。

〇〇牛につられた人は〇〇牛が欲しいのです。

〇〇旅行券も然りです。

その人たちにプレゼント後に
「さあ、私のコンサルを受けましょう!」
と言っても、メロンに興味がある人は
あなたのコンサルに興味は湧きません。

無料プレゼントと本命商品は関連性が
必要です。

「そんなこと、当たり前だろう~」

と思われたあなた、
意外にこんなことってあるんです。

例えば休日にやっている住宅展示場。

家と言う本商品を売りたいのに、
プレゼントにメロンとか
普通にありますから(笑)

あなたも気を付けてくださいね。

またお越しください

コメントを残す

*