対面セールスの考え方

先生業の要点

 

先日、
こんな相談を受けました。

「クライアントと対面でセールスしても
なかなか契約にならないんですが
どうしたらいいですか?」

とのことです。

で、
その人は

  • どんな話をするのか?
  • どうやって興味をもってもらうのか?
  • どのようにクロージングをするのか?

みたいなことを知りたいようでした。

・・・そういう話なら、
営業コンサルみたいな人に
聞けばいいのに。

と思いました(笑)

私は
営業コンサルではないので。

ただ、
「それは専門外です」
というのも冷たい感じがしたので、
ある程度はお話をしました。

ポイントは、
対面でどうするか?
ではなく
どれだけ興味を持ってもらって
対面に結び付けるか?

です。

世の中には
全くの「はじめまして」の人に
営業トークをして商品を売ってしまう
スーパー営業マンは存在します。

・・・ホントすごいです!

ただ、
それを身につけるのは
簡単ではありません。

じゃあ、
そのスキルがなければ標品は
売れないのか?
と言えばそういうわけではないはずです。

例えば、
営業をしたことがある人ならば
経験したことがあると思いますが、

「商品の購入を決めて来る」
そんなお客さんっているのです。

そういう
お客さんに天才営業トークは
必要ないわけです(笑)

つまり、
「対面で売れない」
ではなく
「どれくらい興味を持たせて対面に持ち込むか?」
なのです!!

対面で会った時点で
お客さんの興味が高ければ高いほど

結果として、
対面での成約率は上がりますよ?

 

またお越しください

コメントを残す

*