流行りのワードを入れるとアクセス数が伸びますか?

先生業の要点

 

先日、
こんな質問を受けました。

「サイトの
アクセス数を増やしたいのですが、
記事に時事ネタ的なワードを
入れたほうがいいですか?」

と。

これは、
よく聞く手法で
今はやりのものや人物などは
その時期に当然検索される数が多くなります。

そこで、
ブログ記事やタイトルに
その名詞を入れることによって
アクセス数が増えるだろう。

という考え方です、

具体的な例で言うと・・・

ある弁護士さんのブログ。

法律問題について書いています。

そこで、
ある人気芸能人が問題を犯しました。

ここでは仮に、
当て逃げとしましょう。

で、
ブログにその人気芸能人の名前を
入れ込んで当て逃げに関わる
法律の記事を書きあげる。

と、
こんな感じです。

するとどうなるか?

うまくいけば、
ある程度アクセス数は
伸びるかもしれません。

じゃあ、
それで良いかと言われれば
NOです!

ちょっと、
読み手の目線で考えましょう。

人気芸能人が問題を起こしました。

それが気になって、
その芸能人の名前で検索しました。

すると、
その弁護士さんの記事は表示されたので、
クリックをしました。

しかし、
この読み手はこの芸能人のことが
知りたいだけです。

そこに、
当て逃げに関わる法律のことが書いてあったら、
「俺が知りたいのはこう言うことじゃないんだ!」
と、読むのをやめてしまいます。

よしんば、
「へー、当て逃げって法律的にはこうなんだ」
と呼んでくれたとしても、

この人の関心は、
あくまで芸能人なので、
そこから弁護士さんの仕事につながる
可能性は極めて低いでしょう。

なので、
むやみにアクセス数だけ集めても
意味がないのです。

あなたに
潜在的感心のある人のアクセス数を
集めなきゃダメなんです。

ただ中には、
自分のサイトに広告を張って、
それを読み手がクリックをしたら
収入になるというビジネスを
してる人がいます。

彼にとっては、
きっかけは何であれ、
とにかくアクセス数を集める必要がります。

そして、
その中の一定数が
広告をクリックするのです。

それならばアリです。

さて、
あなたのビジネスはどちらですか?

おそらく、
前者だと思います。

なので、
流行りのワードを入れて、
むやみにアクセス数を増やすのは
意味ありませんよ(笑)

またお越しください

コメントを残す

*