何で寒いのにお花見をするのか?

先生業の要点

 

みんな毎年春にはお花見って
するじゃないですか?

 

あれって
ずっと疑問なのですが、

お花見って、
必ず寒くないですか?

春かと思って薄着をしてくると、
何とか昼間は我慢できても、
3時くらいを過ぎると我慢できません。

毎回こんな思いをしています。

そこで真冬のような防寒で来る人もいるのですが。

何で皆そんな寒い思いをして
お花見をするのでしょうか?

なぜだと思いますか?

それは

その時期にしか桜が咲いていないからです。

今年の桜も東京で見れるのも来週末まで。

さらにその前に強い風でも吹いたら散ってしまいます。

だから寒くても皆、今お花見をするのです。

何が言いたいか・・・

希少性を感じれば、多少の無理をしてでも
人はそれに合わせるってことです。

「今しかない」
「ここにしかない」
「この人しかいない」
「この方法しかない」

そう思わさせることができれば、
お客さんはあなたに合わせてくれます。

多少の無理をしてでも。

あなたはお客さんに希少性を感じさせていますか?

またお越しください

コメントを残す

*