どうも!お覚えていますか!?

先生業の要点

 

社会人は、
いろんなところで
いろんな人に出会います。

学生時代とは大違いです。

ましてや
経営者ともなるといろんな
お付き合いもあり出会いの数が爆増です(笑)

そんな中でふとしたときに、
「どうも~、お久しぶりです~!」
と、声がかかることも多々あります。

「あ、○○さんお久しぶりですね~」
と返せれば問題ないですが、
「(??誰だろう?)」
って思うことも良くありますよね・・・(笑)?

そんなときにさらに
「覚えていますか??」
何て追い詰められたら最悪です(笑)

覚えていない・思い出せない
こちらが悪かったとしても
とてもストレスです(笑)

もちろん、
覚えていたほうがいいですし、
覚えているのが礼儀でもあると思います。

しかし、
出会う数が多ければ多いほど、
露出が多ければ多いほど、
全員を覚えているのはほぼ不可能です。

で、
逆の場合もしかりです。

あなたが街中でたまたま○○さんを見かけた。

そんなとき
「どうも~、お久しぶりです~!」
・・・・って言っていませんか?

繰り返しになりますが、
相手が自分のことを覚えていてくれていれば、
問題はありません。

しかし、
そうでない場合は・・・・・。

妙な時間が流れ、
相手にとっても大きな
ストレスになのです。

相手が自分を覚えていてくれている。

という思い込みはこちらの
勝手な押し付けです(笑)

当然、
覚えていてくれているような
関係性だったとしても、
もしもド忘れしている場合だってあります。

そんなときにも、
相手に気を使わせないためにも

「○○でご一緒させていただいた△△です」

くらいの言葉を足しましょう。

相手が
覚えていてくれていても問題ないです。

この言葉を一つ足すだけけで、
話がスムーズに進みますよ(笑)

またお越しください

コメントを残す

*