会社名を覚えてもらう必要ってある?

先生業の要点

 

名刺交換をして
その名刺を見ると大抵の場合
デカデカと会社名が書いてあります。

会社の
ホームページなどを見ても同様に
デカデカと会社名が書いてあります(笑)

さて、
そうやって積極的に
会社名をアピールしたとして
どういうメリットがあるでしょうか?

「会社名を覚えてもらえる!」

なるほど・・・・

じゃあ、
会社名を覚えてもらったとして。
そのメリットは・・・?

何が言いたいかち言うと、
会社名を覚えてもらうのはいいです。

覚えてもらわないよりも
覚えてもらったほうがいいですし。

それに
会社名に思い入れや意味合いを
持たせている場合もありますので。

しかし、
「それよりも大事なことがあるでしょう?」

ってことです(笑)

会社名よりも先に
あなたがお客さんに何を提供できるのか?

の方が断然大事です(笑)

会社名なんて
そこにお客さんが興味を持ってくれた後で
ぜんぜん構わないはずです(笑)

お客さんが
まず会社名を見て興味を
持ったりしてくれるとしたらそれは

超有名企業だったりする場合のみです。

しかし、
私たちのような小規模事業者の
始めて聞くような会社名を伝えても
ほとんど効果はないはずです。

にもかかわらず、
いろんなところでまず
会社名を伝えている人って結構います。

これって結構、
チャンスをムダにしている可能性があります。

お客さんに伝えたいことの
優先順位をしっかりと明確にして
伝えたほうがあなたの価値は伝わるはずです。

※決して「会社名を伝えるな」って
言っているわけではないですよ(笑)
「優先順位が違うよ?」
って言ってるんです(笑)

またお越しください

コメントを残す

*