そこにあるのに見えない

先生業の要点

 

ビジネスでのつながり以外で
経営者の方々とつながっていると、

「この人と付き合いはあるけど、
どんな仕事をしているか良く知らない」

こんなことって結構あります(笑)

とは言え、
初対面の時には
名刺交換をしてお互いに
『何をしている人か?』
について話しているはずなのにです(笑)

なんで
こんなことが起こるのでしょうか?

それは、
相手の仕事内容に興味がないからです(笑)

もう少し詳しく言うと
お互いに自己紹介をした時点では
興味があまりわかなかったんでしょう(笑)

なので、
お付き合いを始めてしばらくして
「○○で困っているんだけど・・」
みたいな話をすると、
「え?それって私の専門分野ですよ?」
「えー?そうなんですか?」

みたいなことや、
そこまでいかなくても

「○○さんって確か・・・
○○みたいな
仕事をしているんですよね?
その話、ちょっと聞かせてください」

みたいなことが起きます。

つまり、
この段階で必要になったり、
興味がわいたわけなんです(笑)

人は、
自分の興味のあることしか見えません(笑)

目の前にあってもです(笑)

なので、
あなたがどんなにすばらしいビジネスを
していたとしても、
相手が興味を持っていなければ、
見えていない可能性が高いです。

もちろん逆もしかりです。

長くお付き合いしている
経営者さんなどで、
意外に何をしているかが曖昧な方。

そんな方がいたら、
あらためてその人のビジネスについて
聞いてみましょう。

そして
あなたのビジネスについても
話してみましょう。

「え~、そうだったんですか~??」

って、
そこからあらためてビジネスに
つながる場合もありますよ(笑)


またお越しください

コメントを残す

*