砂地の上に城は立たない

先生業の要点

 

アルゲバムって
聞いたことありますか(笑)?

聞いたことある人は
かなりの海外旅行好きかもしれません。

アルゲバムとは
イランにある全てが砂でできた街です。

すごいですよ!

もう、
人は住んでいなくて、
砂の家やお城が残っています。

私が最初に
アルゲバムのことを聞いたときは
ある旅行者からこう言われました。

「まるでドラクエの世界!」

と(笑)!!

それで興味を持って行ったのです(笑)

全て砂(笑)

しかし、
数年前にそこに大地震かあって
砂の町は壊滅的な打撃を受けてしまいました・・・。

現在は形だけは
復興したみたいですが・・・。

さて今日は、
あるファイナンシャルプランナーさんと
打ち合わせでした。

少人数で行っており、
全員営業のプロフェッショナル!

なので、
そこそこの数字は確保できるものの、
物理的限界を突破するために
マーケティングが必要とのこと。

さすが、
人脈も広く勉強熱心な方です。

おおよその
マーケティングノウハウの知識は
持っていました。

「あ~、それはこういう方法ですね」
「こうやって、こうやって・・ですよね?」

と、知ってるわけです。

聞くと、
色んな人から、そんなアドバイスは
もらったことがあるとのことでした。

しかし・・・・、
その人は
いろんな方法を知っていましたが、
私は「それでは成果が出ない!」
と言い切ってしまいました(笑)

なぜなら、
手法は間違っていませんが、
その土台の部分が皆無だったのです。

マーケティングで言うところの

ターゲットの選定
差別化
ライティングスキル

など・・・。

手法は
それらがあってはじめて
効果を発揮します。

土台がしっかりしているから
その上に城が建つのです。

アルゲバムは
砂の上に城が建っていました。

しかしそれは
地震がないイランだったからです。

でも、
地震が来てたらやっぱり崩壊しました・・。

この厳しいビジネスの中で
砂の上に城を建てても
すぐ崩れますよ(笑)

大切なのは
手法の前にその土台作りです。


またお越しください

コメントを残す

*