専門分野から離れてみる

先生業の要点

 


以前の職場で働いていたころ。

人材育成
社員のやる気アップ
組織運営

などなど・・・。

当時の私にとっては
とても難しい仕事であったこと。

そして、
そんな中でもやりがいを感じて
仕事をしていたことから、

その分野の勉強のために
専門書などを読み漁っていました。

会社では仕事をし、
それ以外の時間で専門書を読み漁り・・

もちろん
その分野に関する知識は増えました。

しかし、
ふと思ったんです。

「こんな自分ってつまらない」と(笑)

ビジネスをしていると、
社内外の人と接点がたくさんあります。

ましてや
営業的なことをしていればなおさらです。

そんなときに、
確かに専門分野には詳しい。

でも、
それ以外の話には全く疎い。

相手は話してて
「楽しくないだろうな~」
って感じたのです(笑)

そこであえて、
専門分野以外の本を読む時間を取りました。

なんの学びにならない(と思われる)
ような軽~い本など(笑)

そうすると
自分の中にも少しのゆとりが
できたような気になりました。

例えるなら以前は、
ビッチリと隙間なく詰め込まれたテトリス(笑)

絶対にミスは許されませんでした(笑)

それが、
適度な隙間と柔軟性が出てきたような感覚です(笑)

結果として
その方がビジネスが潤滑に進んでいきました、

この
メルマガを読んでくれてる方は
比較的マジメな方が多い印象です。

または
仕事に対してストイックな印象です。

それはそれで素晴らしいですが、
いい意味のゆとりって、
ビジネスを加速してくれますよ(笑)


またお越しください

コメントを残す

*