気になるアンテナ

先生業の要点

 

最近は、
とある業界のリーダー的な方と組んで
ジョイントベンチャーをすることになりまして。

そこでは、
その傘下にいらっしゃる先生業の方々に
マーケティングに基礎から集客に関しての
グループコンサルを行います。

なので、
ここのところ、
しばらくはその資料作りに追われています。

資料を作るに当たり、
マーケティングに基礎からまとめていると
あらためて勉強になるな~。

と、自分自身でも思います(笑)

テレビCMなどを見ていると、
なんだか気になるのってありますよね?

それは
その商品でもいいのですが、
それ以外でもそのCMの音楽とか。

場合によっては
「なんだか嫌な感じ」
などという、マイナスの感情も起こります。

これらの
感情を引き起こすようなCMは
ごくごくわずかです。

正直、それ以外は
全く覚えていません(笑)

しかし、
気になるCMの商品は
次回に同じCMを見ても
やっぱり見てしまいます。

そして
実際にその商品がスーパーなどで
売られていても見てしまうのです(笑)

さて、
ものを売るとき。

必死で説明をしたとしても
大金をかけて宣伝をしたとしても、

お客さんの
『気になるアンテナ』
に引っかからなければ、

その他大勢の
全く覚えてない商品です。

当然、
覚えていないものは売れません。

テレビCMと同じですね(笑)

しかし、もし
マイナスな感情だったとしても
『気になるアンテナ』
に引っかかっていれば、
やっぱり見てしまうんです(笑)

マイナスでも知ってもらえれば
買われる確率は0ではありません。

実際に
これを活用したものが
ネットでよくある、
『あなたも大金が儲かる』
的な広告です(笑)

つまり、なにしろ
どんな手段を使ってでもお客さんの
『気になるアンテナ』
に反応させなければダメなのです。

もちろん、
マイナスよりプラスで
知ってもらう方がいいです。

しかし、
一番ダメなのは
気になってもらえないことなのです。

この
『気になるアンテナ』
に反応してもらうために
マーケティングを駆使しているのです。

さて
あなたの商品はお客さんから見て
1.プラスに気になる
2.マイナスに気になる
3.覚えていない

のうち、どれですか?


またお越しください

コメントを残す

*