お友達価格はラッキー?

先生業の要点

 

ビジネスで
何かをお願いするときには
お金を払うのが普通です。

例えば、
何かのサイトを作るとき。

業者に適正なお金を払って
やってもらうわけです。

しかし
こんな場合があります。

「知り合いにサイトを作れる人が
いるからその人にやってもらう」

その場合、
お友達価格になることが多いです。

つまり、
通常より安いか
場合によってはタダか。

ということです。

ラッキーですね!

・・・本当にラッキーですか?

もちろん
金額面だけ考えればラッキーですよ。

例えば、
ビジネスではかかった労力などの
対価としてそれに見合った
お金を払います。

なので、
払ったお金に見合わない仕事であれば
クレームを言って、修正してもらう。

場合によっては
キャンセルをして、別の人にやってもらう。

などができるわけです。

これは
必ずしもクレーマーという訳ではなく、
ビジネスを行っていくうえでは
「まあいいや」で
進めていくわけにはいかないからです。

依頼した人にそれができない場合には
できるように修正依頼をするか
そうでなければ別の人に依頼をするのです。

しかし
お友達価格の場合。

そもそも
安くしてもらっているので
正当なお金を払っているとは言えません。

なので、
何か問題がったとしても
文句も言いずらいですし、
他の人に乗り換えることも
気が引けてしまいます。

結果、
あなたのビジネスのクオリティが
保てなくなってしまうのです。

実際にサイトの例で言うと

お友達価格で作ってもらったから
ちょっとした修正依頼をお願いしずらい。

集客成果がでないから、
別の人に作り直してもらいたいけど
それも言い出しずらい。

なんて例が山ほどあります。

お友達に
仕事を依頼するのは構いません。

しかし、
お友達価格を当てにして依頼するのは
やめたほうがいいです。

友達であっても
適正な金額で取引をしましょう。

いや、
友達だからこそ、
意識をしてそうしなければダメです。

友達に仕事を依頼する場合は
お友達価格を期待するのではなく、
むしろ
通常より多く払って
友達を応援するくらいの気持ちが
欲しいものですね。


またお越しください

コメントを残す

*