セミナーに参加するときの注意点

先生業の要点

 

経営者は常に勉強です。

特に
知識などでビジネスをしている
先生業は、インプットこそが
飯のタネになります。

そのために
有効な方法の一つが
セミナー参加です。

知らないことや
新しいこと
それらを知っている人から
効率よく学ぶことが可能です。

セミナー参加は
知識を得るだけなく、

それらを
詳しく知っている先生。
教えてくれる先生。

そんな方と
つながれれば、今後のプラスになる。

なんてことも多くあります。

そんな期待か
下心か、はたまた意欲の表れか
会場時間よりかなり早くに行く方が
ごくたまにいます。

それだけならいいですが、
開場前に会場に入ってくる人・・・。

あれ、
絶対にやめたほうがいいです(笑)

どうやら、
『セミナーで講師に覚えてもらう』
ことを目的に、誰よりも早く入る。

みたいなことを
勧めている人もいるようですが・・・。

講師側からすると
迷惑極まりありません(笑)

主催者は
開場前には準備をします。

開場設置などは講師が直接行う
ことはないかもしれませんが、
講師だって、
開場下見
リハーサル
内容チェック
音響・映像チェック
などなどなど・・・。

時間までに
やることが山ほどあります。

そこに
「早く来ちゃいました~」
って来られる・・・・。

「・・・・」

参加者なので、
無対応なわけにもいきません。

結果、
準備の邪魔なんです(笑)

『開場時間』って
理由があって開場時間が
決められているんです(笑)

先生業は
講師としてセミナー開催を
する立場になることもあります。

そんな私たちは
少なくとも、参加者として
セミナーに参加させていただく際は
主催者のことを頭に置いた
参加者でありたいものです。

主催者と
仲良くなるのは構いません。

だったら、
開場前に行くのは印象的に
逆効果ですからね(笑)


またお越しください

コメントを残す

*