googleに向けて書く!!

先生業の要点

 

スキル・ノウハウ・資格で
ビジネスをしている先生業向け

「不安定な紹介だけに頼ることなく
月に3件の新規顧客を獲得し続けながら
今より1日2時間の自由な時間を確保する」
コンサルタント、鈴木です。

マーケティング
集客にはブログを書くことが効果的です。

これは
すでにけっこうな割合で
浸透しているようです。

なので
多くの先生業の方のホームページを
見ると、ブログのコーナーがあります。

そこで、
一生懸命ブログ記事を書きためています。

でも、
そのブログは誰に向けて書いているのでしょうか?

「そりゃあ、お客さんに向けてでしょう」

その通りです。

お客さんに読んでもらうために
お客さんに買ってもらうために
お客さんに向けて
記事を書いているのです。

しかし
お客さん『だけ』に向けて
書いた記事ではお客さんは集まりません。

どういうこと?

もちろん、
書いた記事は
お客さんに読んでもらう必要があります。

そこで、
読んでもらうためには、
お客さんが何かの言葉を検索したときに
検索結果に表示されなくてはいけないのです。

検索結果に表示されない記事は読まれません。
表示されたとしても
何ページも後ろに表示されていれば同様です。

なので、
Googleに認められて検索結果に
あげてもらう必要があるのです。

つまり
お客さんに向けて書くと同時に
Googleに向けても評価されるように
書く必要があるのです。

そして残念ながら
お客さんに評価される書き方と
Googleに評価される書き方って
必ずしも同じじゃないのです・・・・。

ややこしい!!(笑)

でも、
どちらにも配慮した記事の書き方を
しないと、あなたの記事はお客さんの
もとに届かないのです!!

じゃあ、
Googleに評価される記事ってどうやって
書けばいいの???

そんなこともしっかりと
お伝えします!

あなたの記事が
お客さんにしっかりと届くように。


またお越しください

コメントを残す

*