仕事が大好きです!?

先生業の要点

 

スキル・ノウハウ・資格で
ビジネスをしている先生業向け

「不安定な紹介だけに頼ることなく
月に3件の新規顧客を獲得し続けながら
今より1日2時間の自由な時間を確保する」
コンサルタント、鈴木です。

プレーヤーとマネージャー。

ビジネスをしていて、
ある程度が経過すると、
この言葉がよく課題になります。

プレーヤーとは最前線でがんばる人。

マネージャーとはマネージメントや
チームの方向性などを考える人。

多くの先生業は
起業時は1人くらいで始めるので、
大抵はプレーヤー件マネージャーです。

ただ
ある程度、仕事量が多くなってくると、
一人でこなせる仕事の稼ぎで
頭打ちになることに気がつきます。

例えばそこで
店舗型ビジネスなどでは、
店長さんをおいて、自分は経営に特化する。

なんてことをします。

しかし
ここに壁があるのです。

今まで自分がやってきたことを
他人に任せなくてはいけない。

ということです。

不安だしマネージメントという
今までないややこしい仕事が増えるのです。

その重圧に負けて、
経営者がず~っと、プレーヤーをしている。

なんて方も多くいます。

そんな人は口々にこう言います。

「いや~、仕事が好きなんですよね~」

うん。
仕事が好きなのはいいです(笑)

しかし例えば
「人が足りない・育たない」
「任せられない」
「人を雇うお金がない」

そのために、経営者がプレーヤーを
やっている場合、
「いや~、仕事が好きなんですよね~」
この言葉はただの強がりです(笑)

しかし、
人もお金も問題ない。

経営者が最前線に立つ必要などない。

でも、
「いや~、仕事が好きなんですよね~」
って、最前線で働くのはカッコいいですよね(笑)

要は、
選択できる状況を作っているかどうかです。

どんな仕事をしていても、
それを
やらなきゃいけないから
仕方なくやっているのか?

それとも
選択できる状況で
自ら選択したものなのか?

これって大きなポイントです。

まずは
選択できる状況を作り上げましょう!


またお越しください

コメントを残す

*