どれだけ削るか?

先生業の要点

 

私は
日ごろから、先生業の方に向けて
「セミナーを開催しましょう」
と言っています。

扱っている
目に見えないけど良い商品。

目に見えない
自社の特徴や優位性。

それらを
理解してもらうためには
しっかりとした説明が不可欠です。

その機会のためにも
セミナーは有効です。

で、
せっかくセミナーをやるならばと、
気合を入れて準備をするのはいいですが、
伝えたいことが山ほどあって
内容が詰め詰めになってしまう場合があります。

結果、参加者の理解が追い付かない。

なんてことも・・・。

セミナーで大事なのは
何を伝えるかと同時に
何を伝えずに省くか?

です。

セミナーの短時間では
全部なんて伝えられっこありません(笑)

仮に無理やり全部伝えても
初めての知識を聞く参加者が
全部覚えられっこないのです(笑)

セミナーの目的は
伝えることではありません。

参加者に1つでも2つでも理解して
持ち帰ってもらうことです。

伝えることはその
1つか2つに絞りましょう。

それ以外を伝えても、
混乱するだけですから(笑)

そしてその1つか2つが
「良かった」
と感じてもらえて、本命の商品が
売れるようになるのです。

※長期間の講習などでは逆に
知識を詰め詰めにする場合もありますよ(笑)


またお越しください

コメントを残す

*