常連さんの捕まえ方

先生業の要点

 

スキル・ノウハウ・資格で
ビジネスをしている先生業向け

「不安定な紹介だけに頼ることなく
月に3件の新規顧客を獲得し続けながら
今より1日2時間の自由な時間を確保する」
コンサルタント、鈴木です。

あなたは
なじみのお店ってありますか?

まあ、
食事をしたり、お酒を飲んだり
するお店が多いでしょうか?

おしゃれな人になると、
「服はこのお店」
って決めている。

なんて方もいると思います。

そのなじみの店からすれば
あなたは既存客です(笑)

なんか
ドライな言い方ですね(笑)

でも、
マーケティング的な観点からしたら
そうなんです(笑)

では、
そのなじみのお店。

あなたは、
今まで何回行きましたか?

1回だと
なじみお店とは感じないですよね?

2回なら?
う~ん、1回よりは・・・・
でも、なじみって言うには早くないですか?

3回は?
何かちょっとなじみっぽくないですか?
店員さんの顔も覚えて・・・(笑)

そうなんです!
実は、お店から見てもお客さんは
3回サイフを開いてくれると、
その先も来続けてくれる確率がグッと高まるのです!

つまりは
お客さんに安定して購入してもらうには
3回買ってもらうことが必要なのです。

そうすることで、
その先もずっと買い続けてくれるのです。

いいですか?
3回ですよ!

3回が勝負です!


またお越しください

コメントを残す

*