富士山が日本一である理由を述べよ

先生業の要点

 

私が前職の
人材育成系のコンサルとして
活動していたときのことです。

故 土光敏夫氏の愛弟子である
私の師匠がこう言いました。

「富士山は何で日本一高いんだ?」

「・・・・・・」

さて、
あなたはどう考えますか?
ちょっと考えてみてください。






















さて
どう考えましたか?

「噴火が大きかったから?」
「土の質の関係?」
「噴火の回数が多いから?」

全部不正解です(笑)

正解は

「すそ野が日本一広いから」
だそうです。

ま、まあ、言われればそう
なんですが・・・(笑)

などと、感じていると
師匠がこう続けました。

「お前らは、富士山の高さだけを見る。
そして、高くなろうとする。
しかし、
すそ野が狭いままでひょろひょろの
山など絶対に高くならない」

「一番下の日本一広いすそ野の
積み重ねの先が日本一の高さの理由だ」と。

もちろんこれは、
富士山に例えて
ビジネスを話をしているのです。

すごい人。
稼いでいる人。
素晴らしい会社。
人気のあるお店や商品。

これらの
『高い山』の高い部分だけを
見るのではなく、
その土台になっている

それまでの
苦労
行動量
ひらめき
失敗
我慢
工夫
努力

などをしっかりと見ろと。

そして実は
それらを積み重ねることこそが
高い山になる最短の方法であると。

もちろん
偶然のラッキーパンチが
ヒットすることもあります。

しかし、
私たち経営者は
偶然のラッキーパンチが
当たるのに懸けるのは
あまりにも危険です。

もちろん
すそ野を積み上げていく
時間を短縮する工夫は必要です。

しかし、
ひょろひょろで高い山は
絶対にありません。


またお越しください

コメントを残す

*