「お客さんに必要」でも売れないを解消する

先生業の要点

スキル・ノウハウ・資格で
ビジネスをしている先生業向け

「不安定な紹介だけに頼ることなく
月に3件の新規顧客を獲得し続けながら
今より1日2時間の自由な時間を確保する」
コンサルタント、鈴木です。

専門家の目線は
お客さんと違います。

豊富な知識と経験。
そして
鋭い視点で、お客さんに
必要なものを見抜きます。

さすがです(笑)

「あなたにはこれが必要です!」
「あなたにはこれがピッタリです」
と、
これ以上ないものを勧めます。

しかし、売れません。

お客さんに必要なものなになぜ???

ここを分かっておかないと
専門家として苦労します。

上記のような商品。
(何かは置いておきます)

お客さんに必要です。

しかし、
必要=買う
とは限らないのです。

例えば、歯医者さん。

虫歯やなどの問題を抱えているけど、
(ギリギリまで)歯医者さんに行かない。

こんな人っていますよね(笑)?

虫歯がある→治療が必要
なのにです(笑)

この場合
理療が必要なのに行かない理由は
何でしょうか?

痛いのがいやだ?
そうなら、
この患者さんが欲しいのは
痛くない治療です。

歯医者に行く時間がない?
そうならば
この患者さんが欲しいのは
時間のかからない治療です。

専門家としては
「一番必要なもの」
「一番効果がある」
を提供したくなります。

その気持ちは
と~っても良く分かります(笑)

しかし
必要でもお客さんが欲しいもので
なければ売れません。

それでも買う人は
歯が痛くてたまらない状態の人です(笑)

さて
あなたは
お客さんに必要なものを売っていますか?
お客さんが欲しがるものを売っていますか?


またお越しください

コメントを残す

*