本音を聞き出す方法

先生業の要点

 

スキル・ノウハウ・資格で
ビジネスをしている先生業向け

「不安定な紹介だけに頼ることなく
月に3件の新規顧客を獲得し続けながら
今より1日2時間の自由な時間を確保する」
コンサルタント、鈴木です。

先生業も営業が必要です。

営業という
言葉でなかったとしても、
お客さんに適切な商品やサービスを
買ってもらう行動は必要です。

あなたの商品やサービスが
どんなに素晴らしかったとしても
お客さんにとって不要であれば
買ってくれません。

もっと言えば
売ってはいけないのです(笑)

(無理やり売ることも可能ですが)

なのであなたは
「このお客さんには必要か?」
を見極める必要があります。

しかし、
見極めるのが簡単ではありません。

だって、
お客さんは簡単に本音を言って
くれないので(笑)

お客さんの中にも
「安易に本音や弱みを言ったら、
売り込まれる!」
という警戒心があります。

つまりあなたは
お客さんの警戒心を乗り越えて
お客さんの本音を聞き出す必要が
あるのです。

どうやって・・・・

お客さんにタイミングを見て
このように言ってください。

「御社は○○も良くて、
社員さんも元気で明るいし、
○○も○○も素晴らしいですね~」

と、ちょっとオーバーに褒めます。
すると、ほとんどの社長はこう言います。

「いえいえ、そんなことないです」
そして
「問題ばかりですよ~」
「大変なんですよ~」
などなど。

そしたらあなたは
「え~、そうなんですか!?
どんなところが??」
と、聞くのです。

そうすると、
現在の問題点や悩みを話し出すのです。

○○の部分は会社によって変えてくださいね。

日本人は
褒められると謙遜します。

そこを
うまく使ったトークです。

これは効果絶大ですよ。

使ってみてください!


またお越しください

コメントを残す

*