営業されたくない

先生業の要点

 



以前、
私が社員研修を売っていたとき。

バリバリの営業だったので、
営業力を最大限に活用して
その商品を売るのです。

営業力と言っても
倫理的思考力
共感力
理解力
説得力

などなどなど・・・

それらを総動員して
いかに買ってもらうか?

というわけです。

「いかに買ってもらうか」
もう少しマイルドに言っても
「いかに欲しいと言ってもらうか」

そればかりを考えています。

そんなときに
ひょんなことから
保険の営業マンの話を聞く
ことになりました。

その営業マンは
商品について一生懸命
説明をしています。

私は
その時の彼を見て
こう思いました。

「いかに買ってもらうか」
「いかに欲しいと言ってもらうか」
必死だな~(笑)

それと同時に
「ほ~、こう来るか(笑)」
「こう話を持っていくか」
「プッシュポイントはここじゃない!」

などと考えていたのです(笑)

ここでは私がお客さんです。

ビジネスはお客さんの立場になって
考えることが重要です。

しかし、
実際にお客さんになったとき
の方がはるかに気づきが多いです。

あなたが
営業をしているのであれば
保険や車の営業マンの話を
聞くのも効果的です。

また、
ネットを使ったマーケティングを
行っているなら、
その手の会社に資料請求を
してみるのもいいです。

ドモホルンリンクルなどの
大手のサンプルを取り寄せるのも
有効です。

その時に
または
そのあとに

「なるほどこう来るか!」

というのが見えますよ。

よく
お客さんの立場に立つ
と言いますが、
実際にお客さんになってみるのも
おススメですよ(笑)

またお越しください

コメントを残す

*