ペルソナさん

先生業の要点

 

「対象のお客さんを一人に絞りましょう!」

マーケティングではこのような
ことを言われます。

その
一人に絞った人を
【ペルソナ】
と言います。

今日のお客さん。

マーケティングに触れるのが
始めてで、
お客さんを一人に絞ることに
抵抗がありました。

ようやく
ペルソナを決めて進んでいるのですが、
「ペルソナの重要性が分かってきた」
とのこと。

コンサルでは何度となく、
私との話し合いが行われるわけですが、
各々が
「私はこう思う!」
「いや自分はこう考える!」
と言い合っていたら
話はまとまりません。

まとまったとしても
それは、何となくどちらかの意見を
採用したものになっています。

しかし
ペルソナが明確にいると

「私はこう思う!」
「いや自分はこう考える!」
・・・・・

「ペルソナはどう考えるだろう」

とすると、お互いの意見のぶつかりは
無くなっていきます。

これはもちろん
コンサルタントじゃなくても
社員さんや仲間と意見をすり合わせる時にも
有効ですよ。

最初にペルソナありき。

やっぱりこれは鉄板です!


またお越しください

コメントを残す

*