役立たず!

先生業の要点

 

きのうは
2日連続セミナーの2日目。

最後のセミナーに参加してくれた
ある社長さんがこんな言葉をくれました。

「マーケティングとか
インターネットとか
子供だましかと思っていた」

「少なくとも、歴史のある私たちの
業界には役に立たないと思っていた」

「今日も正直、冷やかし半分で
来たのですが、しっかり話を聞くと、
マーケティングをしっかりやらないと
会社の未来がないと心から感じました」

と。

しっかりと理解をしてくれたから、
そう感じてくれたのです。

コレって、
あなたの仕事と同じですよね?

「きちんと理解してくれれば必要だと
思ってもらえるのに」

「一度使ってもらえれば・・・」

お客さんが理解をしてくれなければ
先生業の仕事なんて
お客さんにとって永遠に『無関係』なものです。

しかし
お客さんが自動的に『理解』をしてくれるのを
指を咥えて待っているわけにはいかないのです。

お客さんが『理解』をして
必要性を感じて、
あなたのサービスを使ってくれた先に、
お客さんの望む未来があるはずです。

『理解』をさせる必要があるのです。

『理解』をさせるための行動を
取っていますか?

その行動とは
マーケティングに他なりません。

お客さんに『理解』をしてもらう。

そんな来年に向けて、今からマーケティングを
学んでいきましょう!


またお越しください

コメントを残す

*