あなたの値段

先生業の要点

 

世界的な画家、ピカソの話です。

ある日、
ピカソがマーケットを歩いていると、
一枚の紙を持った女性がこう言いました。

「私あなたの大ファンなんです。
この紙に一つ絵を描いてくれませんか?」

ピカソはその紙に30秒で小さな絵を描きました。
彼女にこう言いました。

「この絵は100万ドルです」

女性は驚きました。

「この絵を描くのにたった30秒しか
かかっていないじゃないですか?」

ピカソは笑います。

「いえ30年と30秒ですよ」

この30秒の絵を描くために
30年以上の努力と才能が必要なのです。

さて、
先生業であるあなたは
その資格を取るために、
そのスキルを身に着けるために
大変な努力をして時間を費やしてきたはずです。

しかしそれに対して、
報酬はあまりにも少なくないですか?

人によっては
『買ってもらう』ために
自分から価格を下げて安売りしている
人もいるほどです。

ピカソで言うなら、
30年以上の時間と才能を
大安売りしているようなものです。

あなたは
あなたの能力と、今まで費やしてきた
時間と努力の報酬を適正に得ていますか?

同業者に合わせて
安売りしていませんか?

もし
少しでも心当たりがあるのなら、
すぐに解決しましょう。

あなたは
そんなに安くないはずです。

またお越しください

コメントを残す

*