気の合う仲間はダメかも(笑)

先生業の要点

 

スキル・ノウハウ・資格で
ビジネスをしている先生業向け

「月に3件の新規顧客を獲得し続けながら
今より1日2時間の自由な時間を確保する」
コンサルタント、鈴木です。

サロン経営者、整体院、士業
などの『先生業』は
他の業種と比較すると
個人で経営をしている方が多くいます。

小さな規模の一人で処理できる
仕事ばかりならば問題ありません。

しかし多くの場合、
一時的にしても誰かとコラボをしたり、
または
業績が上がってきたら、
バイトや従業員を雇うなんてこともおこります。

つまり、
『誰かと一緒に仕事をすることが起こる』
と、いうわけです。

これは
けっこう頻繁にあります。

そんな時、きっとあなたは
「気の合う人と一緒に仕事がしたい」
と思うはずです。

私もそうです(笑)

しかし

それだけで判断してしまうと
失敗をしてしまうことがあるのです。

あなたと気の合う人。

それって、
あなたと価値観や考え方が
あなたと似ている人である可能性が高いです。

「価値観が似ていたほうがいいじゃないか?」

と、思うかもしれません。

確かに
価値観が似ていると、
意思の疎通もスムーズに行え、
コミュニケーションをとっていても
楽しく進めることができます。

しかし反面、あなたと
欠点や苦手な部分の似ていることがあるのです。

例えば
細かいことを気にしない
大らかな二人の経営者が
タッグを組んで何かを始めようとします。

すると
二人とも細かいことに気が付かないまま
勧めてしまうのです。

この場に
細かいことをできる人がいないのです(笑)

これでは
プロジェクトがうまく進むはずはありません。

組むならば、
あなたに足りない点を補ってくれる人と
組む必要があるのです。

しかし、
あなたに足りない点を持っている人は
あなたと違う価値観を持っているかもしれません。

気が合うとは限らないかもしれません。

しかし、
だからあなたの足りない点に気が付くのです。

そして
それを補えるのです。

あなたも
その人の足りない点を持っているのです。

ビジネスでは
そういう人と組むべきなのです。

「気が合うから」ということだけでは
ダメなんです(笑)


またお越しください

コメントを残す

*