戦う相手を間違えていませんか?(笑)

先生業の要点

 

ビジネスの種類によって変わりますが
どのお客さんをターゲットにするか
とても大きな問題です。

例えばあなたが飲食店を経営していたとします。

とってもグルメなお客さんを
ターゲットにした場合、
すごい腕前と高品質な食材が必要になります。

言ってみれば、いろんな努力をして
飲食店業界での金メダルを
取るようなものですね。

このハードルを越えるのって・・・
大変ですよね(笑)

もしも
天才的な料理技術などを持っていたのなら
そこにチャレンジしても良いかもしれません。

しかし、
残念ながらそうでないのであれば
(ほとんどの人はそうでないのですが)
もっとグルメじゃないお客さんを
相手にしてもいいんじゃないか?
って言うことです。

↑言い方が悪いのは分かっています(笑)

超本格派のグルメさんより
グルメじゃない人のほうが
絶対数が多いですよね。

それに
お店に対する審査基準も甘いはずです(笑)

この人たちからの方が
評価を得るのは簡単なはずです。

金メダルほどの腕前がなかったとしても
充分にやっていけるわけです。

あなたが料理に命を懸ける職人さんなのであれば
あくまで金メダルを狙っていくスタイルを
取るべきなのかもしれません。

しかし
職人というスタンスではなく、
経営者というスタンスをとるという
選択肢もあるということなのです。

さて
あなたは何かしらの先生業です。

世界最先端、最新のスキルやノウハウを
駆使して、プロに選ばれる
業界NO1になる道もあります。

しかし
もう一方では、あくまで素人をターゲットにして
「街の身近な○○屋さん」という
スタイルもいいかもしれませんよ?


またお越しください

コメントを残す

*