お客さんはどこにいる?

先生業の要点

 

日本も高齢化が進んでいます。

高齢者の数が増えたこと
そして、
実は彼らがお金をたくさん持っている
ということもあって、
高齢者向けのビジネスをしている方が
増えてきました。

狙いとしては悪くないですよね(笑)

当然、
お客さんは高齢者の方なので、
それに当てはまる人を探す必要があります。

そこで
「最近は流行りのインスタグラムを
使うことにしました」

↑これが的外れなことに気が付きますよね?

高齢者はインスタグラムを使いません(笑)
(使う率がとても低いです)

なので、
インスタでは彼らに届かないのです。

また
渋谷の駅前に看板を出しても
効果薄でしょうね(笑)

高齢者がターゲットであれば
その方々にアプローチできる
手法を選ばなくてはダメです。

例えば
家電話にかける
町内の掲示板
高齢者が集まりそうな所に
チラシを置く

などでしょうか?

当然アナログになります。

さて
あなたはあなたのお客さんに
しっかりとアプローチができていますか?

年齢や性別
職業や肩書

などによって彼らに届きやすい
アプローチ法は変わります。

絶対にデジタルが良い
というわけではありません。

あなたのお客さんにしっかり
届くアプローチを使いこなしましょうね

またお越しください

コメントを残す

*