資格を取ると報酬が下がる??

先生業の要点

 

スキル・ノウハウ・資格で
ビジネスをしている先生業向け

「月に3件の新規顧客を獲得し続けながら
今より1日2時間の自由な時間を確保する」
コンサルタント、鈴木です。

先生業であるあなたは志を持ち、
努力をして現在の資格やスキルを
手にしたはずです。

しかし
その資格やスキルがあなたの
報酬を下げているかもと言ったら
どう思いますか?

例えばある行政書士のAさん
会社設立のお手伝いをしています。

いろいろなパターンがありますが、
報酬は数万円~10万円くらい。

彼はとってもいい人なので、
クライアントのために
あれもこれもと契約以外のことも
た~くさんやってあげます。

一方Bさんは行政書士の資格はもっていますが、
コンサルタントとして会社設立と
諸々の業務などを一手に引き受けています。

報酬は数十万~数百万

しかし
実は行っていることはAさんと
大差がありません。

AさんとBさん。

なぜこんなに報酬が違うのでしょうか?

それは
Aさんが行政書士と名乗っているからです。

行政書士と名乗っている以上、
料金目安は他の行政書士となります。

他の行政書士の報酬が数万円であれば
Aさんの報酬も数万円になってしまうのです。

対してBさんは
「会社設立のエキスパート」
として活動しています。

・・・・行政書士とくらべられません。

なので、費用もBさんが決定でたのです。

Aさんは苦労して行政書士の資格を取り名乗った。

結果、平均的な行政書士の報酬しか
もらえなくなってしまったのです。。。

このようなことは
他業界でもたくさんあります。

マッサージ業界は
価格破壊が進み、
「60分3000円」
なんていう信じられないお店も出てきました。

業界がそうなってしまうと
マッサージを売りにしている先生業も
その価格で比較をされてしまいます。

もちろん彼には彼の言い分もあります。

「激安店とはレベルが違う」と。

しかし、
本質を知らないまま
比べる人は多くいるのが実情です。

そこで彼はマッサージ師という
肩書をやめました。

「5歳若く見える働く女性の
パーソナルサポート」
と称して、キャリアウーマン向けの
トータルサポートをスタート。

マッサージから食事や運動、
生活習慣のアドバイスをしています。

結果、
マッサージ店と比較されなくなりました。

料金も0を1つ増やしています。

・・・しかしこれ
彼はマッサージ師と名乗っていたころと
やっていることはほとんど変わりません。

と、いうようにせっかくのスキルや資格が
あなたの首をしめていることもあるのです。

客さんが欲しいのは
あなたの資格やスキルではないのです。

あくまでもその先にある結果が
欲しいのです。

さて、
あなたは何て名乗っていますか?


またお越しください

コメントを残す

*